格安サービスを組み合わせることでウエディング費用はグッと抑えられる

▼この記事をシェアする

個人的な話になりますが、今年度中に結婚式を挙げことになりました。ちょうど結婚式場や衣装を探しはじめたところなのですが、調べれば調べるほどこの業界の価格設定がおかしいということと、ちょっと頑張れば費用をグッと抑えられるということがわかってきたので、いくつかポイントを紹介したいと思います。

[adsense]

「結婚式の費用は高い」という思い込み

結婚式を挙げた友人や親族に話は聞いていたのですが、あらためて費用を見てみると高い。200万円、300万円があっという間にぶっ飛ぶらしいのです。恐ろしい・・・。

ただ、不景気のせいなのか結婚式に今までのようにお金をかけられないカップルが増えてきたこと、価格の透明化・適正化を図ろうとする新興企業が増えてきたこともあり、ずいぶん安く式をあげられるようになってきたようです。

テレビCMでも良く見かけるスマ婚といったサービスは、その代表格でしょうか。最初に見た時は、その安さに驚きました。今後は大金をはたいて盛大に行うのではなく、こういったシンプルでコンパクトな式を行うカップルが増えるのではないでしょうか。

実際に私も、海外で親族だけを呼んだシンプルな式を上げることに決めました。大勢の人を呼んで盛大にするのは、かなりしんどいですよね・・・。

式場と場所を決める前にできるだけ情報収集をすること

ただ、やはり最初は情報をたくさん集めて「比較」する必要があります。安物買いの銭失いということになっては元も子もありませんからね。。。ということで、私はメジャーなところで調べてみました。

雑誌も提供しているゼクシィマイナビウエディングです。大体、大手のサービスを調べておけば相場観はわかると思います。

ドレスと小物は借りるより買ったほうが安い

これは断言できますが、ウエディングサロンでりるより買ったほうが安いです。YNS WEDDINGといった格安ドレスの販売店(試着できる実店舗もあり!)であったりANNANのような小物の販売店も増えているので、自前で調達しちゃいましょう。

我が家の場合は、夫婦ともにYNS WEDDINGで調達することに決めました。夫婦のドレスとタキシード、小物を合わせても15万円ほどでした。借りると40万円〜50万円ほどかかるのではないでしょうか。

ドレスのレンタルだと、1業者だけ例外的に安いところがあります。それは、都民共済/県民共済のウェディングサロン・ドレスレンタルサービス。

都民共済ブライダルプラザ

スクリーンショット 2014-11-18 16.09.44

ここで全て完結できれば、相当安くあげられると思います。ちなみにここでは結婚指輪や婚約指輪も安く買うことができます。

もし結婚を考えている人は、都民共済に入っておくと保険料以上の値引きが受けられるかも。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

「一生に一度だから」といって、それまでに稼いだお金を一瞬で使ってしまうような、バブリーな時代はもう終わったのでしょうね。

むしろ、こういった格安サービスを組み合わせて提供してくれる、ウェディングコンサルティングのようなサービスがあれば流行りそうですよね。

これから色々と決めることがあるので、休みの日は忙しくなっていきそうです。

更新履歴

2014/11/18:文体を整えなおしてリンク切れの箇所を修正しました。

[adsenseimg]

スポンサーリンク