2013年の新興国スマートフォン普及はどうなるか

▼この記事をシェアする

スマホは依然として成長の余地あり、2013年は新興国市場で普及が加速

スマートフォン市場の成長の余地がかなりあるということに驚きました。

インドにおけるスマートフォンの割合はわずか10%

ということで、特にインドの比率が、個人的には驚きでした。自分の感覚としてはもっと多く、中国と同程度の比率かと思っていました。

まだ、インフラを始めとする利用環境、国民の平均所得など、
追いついていない部分が多く使うメリットもあまり無い状況なのでしょうね。

インドの広告業界の嘆き~インターネットインフラの弱さ~

BRICSのスマートフォン利用率が急速に増加しているという話もあるので、これから安価なAndroid端末が出てくるのと同じタイミングで、爆発的に普及するのではないかと思います。

スマートフォンにコンテンツを提供する会社も、新興国をターゲットに新しい戦略を立てる必要がありそうです。

この業界は、もはやグローバル化とか生ぬるい話ではなく、既にレッドオーシャン化しているのかもしれません。

スポンサーリンク