Kindle Paperwhite 3Gを1ヶ月使用してみた。やはり、読書好きには必携のガジェットです

Kindle Paperwhite 3Gを昨年に買い、飽きることなく使用し続けています。

この辺りが良かった・逆にこのあたりがイマイチだな、という点がある程度見えてきたので、簡単にですが書いてみます。あくまで個人的な感想なので、参考程度にと思って流し見をして頂ければと思います。



良いところ

・デザインがシンプルで飽きない

・長時間見ても目が疲れない。(対スマホ、タブレット)

・いつでも書籍がダウンロードできる(絶対に3G版買うべし!!)

・読書に集中できる。

イマイチなところ

・カバーとセットにすると、微妙に重い(300g程度か)。

・バッテリーが思ったよりもたない。

前モデルと比べて良くなったこと

・画面が明るくなった。

・画面の反応速度が早くなった。

・操作性が向上した。(タッチパネルの方がずっと使いやすい)

前モデルと比べてイマイチになったこと

・本体が重くなった。

どこでもダウンロード購入できるという便利さ、 Kindle本の価格が安いことによって、読書時間や冊数が約2倍になりました。

ソーシャルメディアやゲームに奪われがちな読書時間ですが、得られるものという点では読書には到底及ばないと思います。あまり読書をしない人は、それらの時間に割いている時間を、ちょこっと読書に向けて見るのも良いかもしれません。書店に出向く必要もありませんし。

読書が好きな人は買って後悔しない端末です。

この記事をシェアする