Appleの決算に対するハードルの高さは異常

▼この記事をシェアする

昨日、Apple社の四半期決算発表が行われたようです。
Appleのプレスリリース

自分のようなガジェットやアプリ開発に携わる人達だけでなく、多くのAppleファン、投資家から注目されていた決算ですが、どうやら期待値には到達しなかったようです。

実際に、株価も10%程急落してしまったようですし・・・

社会的現象となるまでに売れたiPodやiPhoneのヒットから、株価もずっと上がり続けていて、高い収益性をキープしています。これほどの企業は他に無いはずですが、投資家の人たちは成長が続かないと離れていってしまうのでしょう。

Appleの株価推移

Appleは以前からエッジのきいたプロダクトを作ってきていましたが、注目される前はここまで成長性や収益性を求められることなく突き進んでいたと思います。

株主が増え、応援してくれる人が増える一方で、短期的なインカムゲインやキャピタルゲインを求める人もたくさん増えてきています。そういう収益面でのプレッシャーが高まる中で、再びAppleがライフスタイルを変えたiPhoneやiPadのようなプロダクトを出せるのか気になるところです。

また、これからさらなる成長を遂げるためには、新興国市場でどう攻めるかというところが大きなポイントとなってきます。製造単価の引き下げには限界もあり、利幅が少なくなるのは避けられません。利益率で見ると確実に下がっていくでしょうね。

個人的には、投資家の意見に左右されることなく突き進んで欲しいので、発表が噂されているiTVやその他製品がセンセーショナルなものだと信じて、Appleファンを続けようと思います。

スポンサーリンク