『謝る』ことは最強のコミュニケーション方法だと思う

最近、公私ともに謝ることが多かった(良いことでは無いのですが笑)ので、そのあたりについて思うことを書いてみます。

私自身は、何かミスをしてお客様に迷惑をかけてしまった時に、正直なところ「ミスしたこと自体はそこまで重要ではない」と思ってます。人はかならずミスをしてしまうものですし。

むしろ、それに対する再発防止策をどう考えるかという点と、ミスをしたことに対する謝罪をどのように行うかが重要だと考えています。

特に後者は重要で、それをどうやったかによって、そのお客様との付き合いが変わってくると思っています。

謝るときには、「もう二度と会いたくない」といった気持ちで臨む場合もあると思いますが、大概はそうじゃないと思います。そのためには、まず理由はどうあれ即刻謝ることが大切だと思っています。

かつ、徹底的に謝ることが重要です。自分が謝られた側に立っていると考えると、正直なところ謝罪の内容なんてどうでもよくて、どれだけ素早く、深く誤ってきたかで許したくなるかどうかを決めると思うからです。状況やその人の心情を洞察したり…というのもあると思うのですが、結局のところ、まっすぐな行動に勝るものはないと考えてます。

実際に上手くいくのも、そういった行動をとったときのように思います。意外とその後の親睦を深めるきっかけになったりする、「謝る」という行為、もう少し注意してもいいかも、と改めて感じた今日この頃です。

スポンサーリンク