坂口恭平 新政府展@渋谷アトリウム美術館を見て来ました

TOKYO 0円ハウス 0円生活』という衝撃的な本を読んでファン(?)になった、坂口恭平(@zhtsss )氏の展示会「新政府展」に行ってきました。

新政府展」という名前は「国家転覆を謀ってやろう」というその類いのものではありません。現代における大量生産・大量消費のエコシステムに従うのではなく、お金を使わずとも暮らしていける生活圏(独立国家)を作ってしまおうぜといったアプローチから来たものになります。

展示内容はダンボールハウスや、隅田川のエジソンの住まいの図面、尾道で書いたというペン画、壁いっぱいに描かれた氏の頭の中(国)など、何とも独特で惹き付けられる展示物ばかりがありました。

さらには「青山ゼロセンター」という場所にも、その小さな国ができつつありました。終止、興奮しっぱなしでした。「新しい何かが、必ずここから生まれてくるだろうな」といった奇妙な感覚にも襲われました。

いやー、行って良かったです。

こういったものからインスピレーションを受けることは、積極的に続けて行きたいですね。

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)
坂口 恭平
講談社
売り上げランキング: 6,030