こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

家具・家電

インフルエンザ対策にも使える!加湿器を買うなら象印のスチーム式が超おすすめ!

投稿日:2014/01/06 更新日:

この時期、秋から冬にかけて乾燥がひどくなりますね。朝、喉がガラガラで最悪の寝起き・・・というのはよくある話。

また、この時期はインフルエンザが流行こともあり、ここ数年は加湿器をつけて寝るようにしています。

加湿器を経験したことがない人はその違いがわからないかもしれませんが、寝起きの快適さが大きく変わってきます!

寝ておきた後に急いで水を飲む・・・ということがなくなるので、乾燥に悩んでいる人は今すぐ加湿器を買ったほうが良いと思います。

ここで悩むのが、どのタイプを買うかということ。ただオシャレなものを選んでしまうと後々後悔することになるので、私なりに考えた加湿器選びのポイントとおすすめの加湿器を紹介したいと思います。ぜひ参考にしてして下さい。

ポイント1:予算

もちろんここからスタートします。加湿器といっても、1000円台のものから30,000円台のものまでたくさんあります。どの程度予算を取るか最初に決めましょう。

私の場合は、ダメになったら買い換えるというスタンスなのであまり高くないもの(10,000円台前半まで)に絞って探しました。

ポイント2:置く場所

どういう場所で使うのか、シチュエーションをハッキリ決めて置いたほうが良いです。ざっと考えるだけでも、色んなパターンが思いつきますね。

  • みんなの集まるリビングに置いて風邪を予防
  • 寝室に置いて乾燥を防ぐ
  • 枕元において乾燥を防ぐ

などなど。ここをしっかり決めておくと後のタイプ選びにも役立ちます。

ポイント3:加湿器のタイプ

ここが一番のポイント。加湿器にはスチーム式、気化式、ハイブリッド式といったタイプがあります。商品の特徴から、どのタイプが自分の用途に向いているかしっかり決めておく必要があります。それぞれの特徴をWikipediaより抜粋してみます。

スチーム式

電熱により水を沸騰させてそのスチームを送風機(ファン)によって放出・拡散させるもの。ファンを用いないもの(上記の電極式に多い)は単にスチーム式という。市場価格が二千円前後の安価な加湿器はスチーム式が多い。加湿能力が大きいが常時煮沸状態のため消費電力も高めである。

気化式

送風機により水を含んだ目の粗いスポンジ状のフィルターや不織布などに空気を通して加湿するもの。消費電力は小さいが加湿能力も小さい。そのため、製品としては本体が大きくなるか、ファン(インペラー)の騒音がうるさくなりやすい。

ハイブリッド式

基本的には気化式であるが、湿度が低下した場合に他の方法に切り替えるもの。気化フィルターに含ませる水をお湯にするものや、電熱により送風する空気を温めてフィルターを通すものなどがある。装置が複雑になるため、他の方式に比べ高価である。

私は「清潔さ」を重視したこともあり、水を煮沸させるスチーム式を選びました。これだとカビの心配も少ないですからね。

ポイント4:ポイント1〜3の優先順位

予算や置く場所、特徴によってある程度は絞られたと思いますがその中で何を優先するかを決めておきましょう。

私の場合は、手入れのしやすさ、清潔さ、加湿力を優先して考えました。中にはインテリア性を重視する人もいるでしょうから、ここで最終的に絞り込んでいくことになります。

オススメの加湿器

人それぞれ重視するポイントがあると思いますが、総合的に考えて私がおすすめするのはこの機種。なぜおすすめかのか、ポイントをまとめてみます。

Good

  • 給水、手入れが簡単(月に一度クエン酸洗浄するだけでOK)
  • スチーム式なので常に清潔
  • 加湿効果が高い

Bad

  • 見た目がイマイチ(完全にポット)
  • 電気代がかさむ

個人的に好きなポイントが他にもあります。加湿時に水が沸騰する「コポコポ」という音や加湿中のスチーム音がとても心地よいです。寝室にはピッタリです。

乾燥に対しての効果もバツグンでした。実際にこれを使い始めて、寝起きに感じる喉の乾きが殆どなくなりました。湿度が上がり過ぎると部屋にカビができるではと思っていましたが、いらぬ心配でした。

そしてこの機種は手入れがカンタン。月に1,2回クエン酸を入れてボタンを押すだけで洗浄が完了できます。煮沸もするので、洗浄と殺菌両方できるというわけです。

同じように寝室に置いて、睡眠中に使おうと考えている人はぜひ検討してみてください。(ただし、使いすぎると電気代がかさむのでご注意を。)

参考までに…前に使っていた機種

今回オススメするものを使う前、実はこのハイブリッド式加湿器を使っていました。Amazonでもランキング上位にいますが、私なりにこの商品のポイントと手放した理由を書いてみます。

Good

  • コンパクトでオシャレ
  • 消費電力が低い(電気代がかさまない)
  • 本体が熱くならないので枕元にもおける

Bad

  • 給水、手入れが非常に面倒(1週間に30分ほど手入れに時間がかかる)

ハイブリッド式加湿器の特徴なのか、この製品の構造上なのかわかりませんが、こまめに内部を洗わないと水の中にあるミネラル成分が結晶になって、加湿装置にこびりつくのです。これを落とすのが非常に厄介。

ただし、その洗浄を定期的にできる人であれば、とっても使い易くて良い商品だと思います。

まとめ

私個人としては、加湿器選びは見た目ではなく機能だと思っています。そういう点では、±0の加湿器みたいなオシャレな製品は対象外。生活家電なので、やっぱり効果があってこそのもの。

そういう意味では今回おすすめした商品は本当に優れた商品だと思うので、店頭で見かけたらぜひチェックしてみて欲しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-家具・家電
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“モノ”ではなく”ライフスタイル”が買えるお店『蔦屋家電』に行ってきた

二子玉川に今月オープンしたばかりの蔦屋家電に行ってきました。流行感度の高い人たちの中では既に話題になっているこのお店、書店と家電を融合させるという斬新な試みがとても新鮮です。 二子玉駅から歩いてすぐの …

【レビュー】これ1台で歯間と歯周の汚れを一掃できる!「ドルツ ジェットウォッシャー」は噂に違わぬ逸品だった!

この頃冷たいものや甘いものが奥歯にしみるので、良い口内ケア用品はないかと探してました。高い歯磨き粉、歯ブラシ、電動歯ブラシ、など試してきましたが、ようやく結論が出ました。 「ドルツ ジェットウォッシャ …

これは欲しい!快適で動けなくなるソファ「Yogibo(ヨギボー)」

一日中ここで過ごしてしまいそう・・・ 米国製の”快適すぎるソファ 一度座ると立ち上がれなくなるソファと言えば、無印良品の「体にフィットするソファ」シリーズですよね。実際に使っている人も多い …

家具を買うなら全品10%OFFになる無印良品週間を狙うべし

寒くなってきたら、やっぱりコタツですね。今まではエアコンとカーボンヒーターで冬を過ごして居たのですが、コタツでみかんを食べる誘惑に勝てず、ついに買ってしまいました。 家具を探すときは、楽天やYahoo …

ついにドローンまで!DeAGOSTINIの工作シリーズが今アツい!

最近のDeAGOSTINIがリリースするシリーズものはどれも面白そうでヤバいです。 DeAGOSTINIの最新作はなんと「ドローン」 最初に記事を見た時は目を疑いましたよ。なんと自分でドローンが作成で …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。