ITビジネス入門用の教科書として使うのが良さそう/尾原和啓「ITビジネスの原理」

▼この記事をシェアする

Kindleストアで見かけて購入。すぐ読みましたが、数多くの有名IT企業を経験してきた著者(@kazobara)だからこそ書ける作品だと思います。

最初は恥ずかしながら「◯◯で学んだこと」というありがちな自己啓発書シリーズと同じようなものだろうと思ったのですが、これが大間違い。
幅広いITビジネスについて言及してあり、この書を読むだけでここ最近のトレンドとビジネスモデルがざーっと把握できる、非常に充実度の高い書籍でした。これだけわかりやすく網羅してあるものは、あまり無いと思うので、一度読んでみて欲しいです。特に、マーケティング関連職種の人などの参考となるのでは。

個人的には、ダイソー社長の「平均滞在時間30分」「平均単価500円」のくだりが書かれてあるあたりも、著者のアンテナの広さが垣間見える部分だなと思いました。次回作が楽しみです。

スポンサーリンク