毎日を”ちょっとだけ”幸せにしてくれる本/水野 敬也・鉄拳「それでも僕は夢を見る」

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ「こてつのブログ」管理人。東京で消耗して地方に移住した元エンジニア。生活を便利にしてくれるIT(ガジェット、WEB、アプリ)情報、地方暮らし、仕事論など幅広い記事を書いております。

タイトル、イラスト、著者だけでも売れるとわかる組み合わせ…
自分も例に漏れず買ってしまいました。

 この本、あっと言う間に読めてしまいます。
読み物として期待するとガッカリすると思います。

 でも、最高に暖かくて、良い本です。 

夢を叶えることがすばらしいのではなくて、生きることがすばらしい。

そう思えると、毎日がちょっとだけ輝いて見えるかも。

辛いや悲しいことがあったときに、そっと支えてくれる、そんなことをつい思ってしまうような優しい本です。

水野さん、鉄拳さん、やるなぁ。

この記事をシェアする