ANA JCBカードのマイル移行手数料が値上がり!マイル系カードユーザーには厳しい時代になってきた

▼この記事をシェアする

ANAマイル移行手数料変更について(JCBホームページより)

このたび、2015年4月1日(水)以降の応募分よりマイル移行手数料を2,000円(税別)から5,000円(税別)に変更します。
変更に伴いキャンペーンを実施いたします。

上記サイトにもありますが、JCBからマイレージ移行手数料の値上げ通知ハガキが届きました。当初の価格からすると相当値上がりしてしまうので、これを機に用途によってカードを使い分けようと決めました。

ANAJCB一本化をするにしても、年会費と移行手数料がかかるので、1年に10000程度のマイレージ獲得だと、逆に損をしてしまうという事態になりかねないです。

私の場合は東京メトロと東海道新幹線を使うため、JRのエクスプレス予約も可能な「ソラチカカード」を使い続けると思いますか、複数カードが1枚で済む以外のメリットは、あまり無いですね…。

最近は楽天カードやリクルートカードといった、自社サービスをたくさん抱えた会社が手数料無料でカードを発行しています。ポイントもかなり溜まるので、飛行機を使いまくる人で無い限りは、そちらにシフトした方が良いです。また、それらのカードだと小分けにしてポイントを使うことができるというのも大きいです。マイル系だとかなり貯めてからでないと使えません。

ポイントに絡めたサービスを提供する側も、サービス競争が激化してきたので、還元率が悪かったりそもそもポイントに対応するサービスが少ないカードはどんどん淘汰されていってしまいそう。

こういったお知らせは普段あまり気にしない内容だとは思いますが、生活に直結するお金の部分なので常にチェックしましょう。どういうお金の流れになっていくか、大局的に予想できるようになってきます。

スポンサーリンク

▼この記事をシェアする

NO IMAGE
この記事をお届けした
こてつのブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク