People & Storeで感じたショッピングの可能性(追記あり)

ApplStoreで上位ランクインしていたことがきっかけでダウンロードしてみたのですが、このPeople & Storeというアプリが実に素晴らしいです。

実際にモノが欲しくなるのって、どういう時なのでしょうか?

  1. 誰かがオススメしたもの
  2. 誰かが持っているもの
  3. 自分の好みのモノに当てはまる

このどれかのパターンでモノを目にした時、ではないかと思います。もちろん、必要に迫られて買わないといけなくなった場合は別ですが。

このアプリについては、自分が気になっている人がオススメするモノなので、パターン1にあたると思います。

ただ、パターン1の要素だけだと、既にSumallyといった有名サービスがあるため、どうしても売りが弱くなってしまいます。ところがこのアプリでは、そのオススメ商品を雑誌のようにパッケージ化して見せてくれるのです。

インターネットで商品を見る時と違い、雑誌で気になる商品を見た時の「偶然見つけた感」って、すごいですよね。また、その感覚が同時に購買意欲を刺激しますよね。そういう意味だと、このアプリはパターン3の要素も満たしていることになります。

では実際に、どのように見せてくれるのか?スマートフォンの画面をキャプチャしてみましたが、商品一覧はこのような感じです。実際触ってみるとわかりますが、サクサクと画面が切り替わって、爽快です。モノが欲しくなります。

20140702_peoplestore2

スマートフォンの画面

このアプリを触ってみて、ショッピングってまだまだ可能性があるなと感じました。買わせることだけにフォーカスするとつまらないですが、このワクワク感も同時にかきたててくれるなら、素晴らしいなと。

競合サービスも多いこのジャンルですが、色んな要素を取り入れることで、確実に進化しているんだろうなと今回思わされました。こういった新しい出会いがあると知ったからには、新しいサービスをできるだけ試すようにしていかないといけないですね。もちろんトレンドを追うだけではなく、楽しむために。

というわけで、ぜひダウンロードしてみて下さい。楽しいです。

追記

運営会社のネットコンシェルジェは、ブランディングに強い会社なのですね。こういうサービスが登場してくるのも自然な流れだったのかもしれないですね。次の記事も面白くてオススメです。

ZOZO出身の起業家「HATCH」代表が語る、中小ECサイトが大手に勝つための”ただの顧客をファンにする”ブランディング術とは