こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

スマートフォン 格安SIM

みおふぉん+Ascend G6で携帯料金がソフトバンク時の1/5に!

投稿日:2014/07/12 更新日:

HTC Desireでソフトバンクに転出したのが数年前。そこから契約を更新し続けてきましたが、今回ついにMNP転出でMNVOに移りました。なぜMNVOを契約するにいたったか、理由も含めてまとめてみたいと思います。

MNVOを契約しようと思った理由

1:特定のキャリアを長く使うメリットが無い

docomoは最近長い間使ってくれているユーザー向けの割引プランを出していますが、大概の場合は長く使っても特に変わりません。少なくとも2年毎に乗り換えをした方がお得なのは間違いないです。

2:キャリア、端末縛りから脱出したい

特定のキャリアで新機種に乗り換えすれば二年間割引をする。その代わり途中解約したら違約金を払う…という、契約に縛られて選択の自由が無くなります。

それならSIMと端末は別々に入手して、端末の単純な価格を見て買い換えるか買い換えないかを判断するようにしたかったというのがあります。

3:通信費を下げたい

スマートフォンでできることが増えてきたこともありますが、通信費がジワジワと値上がりしてきました。先日通信3社が発表したプランも、実質値上がりといっても良い内容です。毎月の固定支出はできるだけ下げた方が良いというのを以前から思っていました。

今まで、あまり意識することなく毎月6,000円〜8,000円を支払い続けていました。そして、新機種が発売されれば月賦で購入して、また次の新機種発売まで使い続けるというサイクルに自然と入っていました。もしかしたら、金銭感覚が麻痺しているのでは?と思いはじめたというのも大きいです。

格安スマホとMNVO回線選び

この課題を何とかするためには、SIMフリー端末とMNVOのセットは必須ですよね。

では、どの端末にするか?

その時目にとまったのが、最近多くのMNVO会社で登場しているHUAEWEIのAscend G6という端末。

コストパフォーマンスが優れているとの口コミを多く見かけたので、思い切って購入しました。

ちなみに、MNVO回線はセット販売だったこともありビックカメラSIM(中身はIIJみおふぉん)にしました。料金プランは最小のミニマムスタートプランというもの。1,600円/月です。

Ascend G6を開封してみた

いわゆる開封の儀ということをしたかったのですが、店員さんが親切にも開封済の状態で渡してくれたので残念ながら出来ませんでした。雰囲気だけ、それっぽくしてみます。

20140712_mnvo_ascend1
20140712_mnvo_ascend2
20140712_mnvo_ascend3
 雑にざーっと載せて見ましたが、実物の端末は軽く、薄く、非常に完成度が高いです。安っぽさはありません。
20140712_mnvo_ascend4

ついでにSIMパッケージの写真も。

端末を入手した後はGooleアカウントの設定をした後で、普段使うアプリをざざーっと追加。音楽もPCから転送してあっという間に初期設定は完了しました。

この作業をしていて気づいたのですが、この端末、非常に電池の持ちが良い!

Androidとは無駄に電池を消費するイメージがあったのですが、そのイメージが今回見事に覆りました。メモリ解放の仕組みが改善されているのでしょうか。

アプリもいくつか起動して動作速度を試してみました。私自身、SNSをメインで使っていることもあるのか、全然問題なかったです。十分すぎるくらいです。

まだまだ試してみたい機能があるのですが、ひとまず本日チェックしたのはここまで。用途によってはよりハイスペックな端末が欲しくなるのかもしれないですね。

そろそろ2年契約が終わる方、選択肢の一つに入れても良い魅力的な端末だと思うので、ぜひチェックしてみて下さい。

通信費のお話

MNVOの話題と切っても切れない、通信費の話を少しします。

私の場合は毎月8,000円ほど費用がかかっていたのですが、今回MNVOにすることで1,600円ほどになりました。端末費用が29,800円かかりましたが、5ヶ月ほどで取り戻せそうです。

計算式

  • キャリアの通信料:8,000円 x 5ヶ月 = 40,000円
  • MNVO回線費用:1,600円 x 5ヶ月 = 8,000円
  • 端末の費用:29,800円
  • 合計:40,000円 – 29,800円 – 8,000円 = 2,200円

まとめ

これからSIMフリー端末とMNVO回線という組み合わせは当たり前のようになってくると思います。今回紹介した機種と回線はコストパフォーマンスが良く入門にはぴったりなので、検討している方は店頭で触ってみると良いと思います。ちなみに私が買ったのは下のホワイトモデル。

なんと、Amazonモデルが発売されてました。カスペルスキーのライセンス付きです。

私の場合はビッグカメラで買ったのでポイントが付与されました。今回紹介したAmazonやビックカメラのほか、楽天やYahoo!ショッピングでも取扱店舗はあるようなので、お得な価格で買いたい人はそちらもチェックしてみることをオススメします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-スマートフォン, 格安SIM
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

FREETELが格安スマホの新機種「Priori3 LTE」を発表。このスペックで12800円は神すぎる!

国産の格安スマホで人気のFREETELが、新機種「Priori 3 LTE」を発表しました。すごいですね、この勢い。一昨年だとFREETELというメーカー名すら知られていなかったというのに、今や格安ス …

auは新型INFOBARと合わせて「au design project」過去機種の再販をすべきだと思う

INFOBARの最新版が先日発表されました。やっぱり綺麗で欲しくなりますね。 最新「INFOBAR」や初のシニア&ジュニアスマホ–写真で見るKDDI春モデル デザインがイケてる機種といえば …

iPad Air 2とiPad mini 3が正式発表されたけど、買うならNexus 6とNexus 9の方が良さそう

AppleからiPad Air 2とiPad mini 3が正式に発表され、いつものように多くのニュースやメディアが取り上げています。そして、後を追うように日本のキャリアからも発売予定のプレスリリース …

Andorid 4.3の人は要注意!Googleが古いAndroidに対する脆弱性修正パッチの提供を終了

GoogleがAndroid 4.3よりも古いバージョンに対する脆弱性修正パッチの提供を終了したとのニュースがありました。 Google、古いAndroidのサポート終了か 9億台で脆弱性放置の恐れ …

格安スマホの大本命!ZenFone 5の後継「ZenFone 2 Laser」が8月8日に発売開始!

ASUSのスマホは本当におすすめ。これから格安スマホを使ってみようとしている人にも自身をもってオススメできます。そんなASUSの新機種が発売されるということで早速チェックしてみました。 ZenFone …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。