意外とカンタン!スターバックスのコーヒーセミナーで美味しいアイスコーヒーの作り方を学んできた

▼この記事をシェアする

都内は真夏日が続いてることもあり、アイスドリンクが欠かせない日々が続いています。

私はアイスコーヒーをよく飲むのですが、以前から「アイスコーヒーを自宅で作ってみたい」と思っていたこともあり、今回、思い切ってスターバックスのコーヒーセミナーに参加してみました。

実際に参加してみて、思った以上に楽しく有意義な時間を過ごせたので、ブログにまとめてみたいと思います。

[adsense]

スポンサーリンク

コーヒーセミナーについて

コーヒーセミナー | スターバックス コーヒー ジャパン

おいしいいれ方編、フードペアリング編、エスプレッソ編、ハンドドリップ編の4つにセミナーが分かれていて、私が参加したのは「おいしいいれ方編」というものになります。

全国の店舗で定期的に開催しているので、その時々で行ったことのない店舗に行くと新鮮で良いかも。

コーヒーについて学ぶ

まずはコーヒーのお勉強です。産地の話や、どういう特徴がある豆なのか、など。今回はアイスコーヒーのセミナーなので、アイスコーヒーが日本発で人気が出た飲み会ということもちょいネタとして聞きました。

味の違いを学ぶ

次に、いろんなコーヒーのテイスティングをしました。産地別のコーヒーと、フレーバーシロップとミルクの組み合わせをもって、どのように味が変わるかを確認します。

写真を見てもらうとわかると思いますが、結構な種類のドリンクを飲むので、お腹いっぱいになってきます(笑)。

20140728_starbucks_coffee_seminar
飲み比べ中

美味しいアイスコーヒーを作ってみる

まずは、バリスタの人に美味しいアイスコーヒーの作り方を教わります。作り方は大きく分けて以下の3パターンあります。

  1. 水出し
  2. コーヒープレスを使う
  3. ドリッパーを使う

今回は3番目のパターンを学びました。この方法だと、苦味・渋みが残りづらいため、一番美味しくできるそうです。

流れとしては、氷を入れたドリッパーの上にフィルターを敷き、コーヒー豆を入れた後にお湯をゆっくり注ぎます。

ホットコーヒーとほとんど同じですね。このドリップされるのを待つ時間って、何だか良いですよね。

次は実際に自分がやってみる番。グループを組んで順番にやるのですが、他の人に見られながらドリップするのは少し緊張しますね(笑)。

お湯を一気に注ぐか小分けに注ぐかで味の濃さが変わってくるのですが、私は3回に分けて注いだのでアイスコーヒー向きの濃い味に仕上がりました。我ながら、美味しくできました。

デザートと一緒に味わい、セミナーは終了へ

セミナー参加者はコーヒーにマッチするデザートを頂くことができます。今回はレモン風味のスコーン。ピッタリの組み合わせで、食が進む進む・・・。食べ過ぎ注意ですね。

食べ終わった後はバリスタの講師による総括。他のセミナーにも参加してみたくなるような、ワクワクした気持ちを残しつつセミナーは終わりました。

おみやげには、コーヒー豆やスターバックスのグッズをもらいました。ラッキー。

というわけで、大満足の2時間でした。コーヒー好きの人も普段あまりコーヒーを飲まない人も十分に楽しめるイベントだと思います。

暑い夏、涼しい店内でコーヒーを飲みながらセミナーなんて如何でしょう。ぜひ参加してみてください。

おまけ

スターバックスだけでなく、タリーズコーヒーでもセミナーをやっているようです。タリーズ派の方はこちらをどうぞ。

コーヒースクール | タリーズコーヒー

[adsenseimg]

スポンサーリンク