ニュースアプリ「バブル」が始まった。次は上場ラッシュの予感

スマートフォンの普及率も上がり、スマートフォンシフトの流れが顕著です。その流れの中で最近目立つのはニュースアプリの躍進。ダウンロード数やPV数が急激に伸びていることと共に、資金調達も活発になってきています。ベンチャー企業の成長は素晴しいと思いますが、過熱しすぎでは…と思うようになってきたので、簡単に状況を調べてみました。

まずは、本日プレスリリースがあったばかりのSmartNewsを見てみます。

SmartNews、新たに36億円調達 グリー・ミクシィとは業務提携も
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/08/news111.html

これが本日(2014/08/08)のプレスリリースになりますが、以前にも増資をしています。こちらは2013/08/14のものですね。

「SmartNews」運営のゴクロ、グロービスから4億2000万円を調達
http://japan.cnet.com/news/business/35035951/

SmartNewsは2012年12月10日に配信を開始したので、2年足らずでここまで成長したことになります。

2013年は著作権問題などで一時期炎上していましたが、コンテンツ提供会社ともパートナーシップを組み、順調にコンテンツを増やし続けているようです。また、広告配信に向けた対応をきちんと進めてきたようです。

その流れの中での増資ですが、最初は「人材」で、今回は「海外」「広告」が目的。広告の展開は順調に進むと思いますが、個人的には海外展開が上手く行かないのではと考えています。

コンテンツ配信、メディアいずれにしろ海外進出して大ヒットできたところはありません。その上アプリのランキングも日本のようにTVCMでブーストがかかるとも限りません。特に、日本から海外といった「輸出モデル」の場合はその傾向が強いと思います。

現地法人を立ち上げ、NewsPicksのように有名編集長を招聘していけば可能性はあるかもしれません。ここをどう越えていくかが気になるところです。このあたりはソーシャルゲーム業界の海外進出を参考にすれば良いかもしれませんね。

次はGunosyです。SmartNewsで書きすぎたのでこちらは軽めに・・・

ニュースアプリのグノシーがKDDIから資金調達-海外拡大
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N7CHZX6S972I01.html

ニュースレコメンドエンジンのGunosyがKDDIと資本業務提携、調達金額は12億円かーーTVCMも開始へ
http://thebridge.jp/2014/03/gunosy-partnership-with-kddi

ユーザーに最適なニュースを届けてくれる Gunosyが総額3,160万円を調達
http://www.venturenow.jp/news/2013/02/05/1917_019593.html

最初の増資ではランニングコストに、その後いくつかの増資を経て(用途は不明)、KDDI出資の費用をもってCMに大量出向。SmartNewsとは違い、最初からプロモーション費用にバンバンお金をかけています。一時期のDeNAとGREE を見ているかのようで若干不安な気持ちになりますね…。お金の使い方としては、SmartNewsの方が上手なのではないでしょうか。

でも私は個人的にAntennaが一番好きです。

グライダーアソシエイツ、 キュレーションマガジン『Antenna』のさらなる成長に向け、 20億円の第三者割当増資を実施
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000005122.html

これは去年のニュースになりますが、そこからプロモーション、新機能の開発に力を入れてきたようです。ユーザー数も順調に伸びており、主に女性から支持されているよう。まだまだ伸びますね、ここは。プロダクトからセンスを感じるあたりも個人的には好きです。

その他だとVingowやNewsPicksがありますが、まだこれら3大アプリの成長が続く限りはそこまで取り上げることはないだろうなーと思います。日経新聞電子版のライバルを目指すとかそういった形で、何かに特化していかしないと厳しいでしょうね。

これからアプリニュース市場が広がると気になるのばWebサイトのニュースサイトがどう動くか。Yahoo!NewsやLivedoor Newsあたりがどういう形でこの市場からシェアを穫っていくのか目を離せません。ワクワクしますね。

このまま2,3年で伸び続ければ、立て続けの上場という光景を見ることができるかもしれません。これほど変動の激しい産業の変化を目の前にする機会は、なかなかないかもしれません。