懸賞・診断アプリ終了のお知らせ?Facebookのファンゲート機能が廃止へ

▼この記事をシェアする

20140811_monipla

Facebookユーザーには嬉しいお知らせです。

フェイスブック、「いいね!」をせがむアプリを禁止に

Facebookの「ファンゲート」という機能を使うと、「いいね!」を押す/押さないかでその後に続くページの内容を変えられるのですが、この機能が廃止となるようです。

ユーザーにとっては、本当に良いと思ったものしか「いいね!」を押さなくても良くなるという点で大きなUX改善なのかなと思う一方で、この機能を上手く使って知名度とリーチを拡大していたところにとっては大打撃ですね。

この機能をよく使っていると思うのは、懸賞アプリと診断アプリ。診断アプリは特に実害ないと思いますが、懸賞アプリの場合は直接数字となって響いてくると思われますね。具体的なアプリ名で言うと、モニプラあたりはまさにこの機能を駆使してユーザー数を増やしていたのだろうなと。(実際に使ってみても、そう感じました。)

一年半前にはこの機能を使っているところがもてはやされていましたが、世の中の流れは早いですね。こんなことになるなんて想像はしていなかったでしょうね。

バイラルだけで96万人のファン獲得!究極のFacebook診断アプリ『自分新聞』の効果と、そこから学ぶ企画ポイント【ガイアックス】

逆に言えば、小手先のテクニックでユーザーを集めてくることが難しくなり、よりコンテンツの内容が問われるようになってくるため健全化されたとも言えます。

そうなると、企業ページやブランドページ自体に「いいね!」を押してもらうためには良質なコンテンツを提供し続ける必要がありますが、頑張っていいねを教えてもらった暁には、良質なユーザーが増えたということになります。

ユーザーのタイムラインが綺麗になり、企業も良いユーザーを確保できる。Facebookの規模になってもこういうユーザーファーストな仕様変更ができるって、すごいです。ちょっと感動しました。

スポンサーリンク