安くすることだけが、付加価値提供ではないということ:感動を与えるサービス「メモリプレイ」が正式リリース

結婚式向けのサービスでとても感動的な「メモリプレイ」というものがあったので、紹介したいと思います。

70万回を超えるYouTube再生!【号泣注意】と話題の<花嫁の手紙演出> 「メモリプレイ」正式に販売開始 ~2014年8月12日 全国版サイト、同時グランドオープン~

このプレスリリースを見て初めて知ったのですが、実はYoutubeでは既に話題のサービスだったようですね。知っている人も多いのではないでしょうか。

スクリーンショット 2014-08-13 10.31.04

「メモリプレイ」Webサイトトップ画像

サイトにもあるPR動画を見てみましたが、釣られて泣きそうになってしまいますね。。。映像内では家族が号泣していましたが、こんなことをされたらそりゃ泣いちゃいますね。

ブライダル業界は新しい企業の参入が相次いでいて、ゼクシィやマイナビといった大手企業のほか、スマ婚楽婚みんなのウェディングといった多くの新興企業がこのブライダル業界に参入してきており、次々と新サービスを開始していますが、概ね挙式のシンプル化と低価格化の路線で進めているように思います。

若い人の経済状況を考慮してこういう方向に進めているとは思いますが、いわゆるレッドオーシャンな世界です。

この中で、式自体のプロデュースではなくコンテンツを提供するというアプローチはなかなか良いなと思いました。さらに、ありそうでなかったサービスを高付加価値として提供することで、価格破壊に飲み込まれないようにしているのも素晴らしいなと。

ブーケに◯◯万円、ドレスレンタルに◯◯万円といった明らかに高すぎるオプション品を自前調達して、両親に思いっきり喜んでもらうために追加コンテンツを購入といった形であれば、本当の意味で「一生に一度だから」として費用をかけるカップルも増えるのではないでしょうか。

私はもう使う機会がないのですが、もし結婚を考えているカップルの方々がいればぜひ一度検討してみてはどうでしょうか。来場者も感動できる、素晴らしいサービスだと思います。

この記事をシェアする