一度読み始めると止まらない!殺し屋たちの壮絶バトルストーリー/伊坂幸太郎「マリアビートル」

▼この記事をシェアする

文庫化を楽しみに待っていた本作品、ついに文庫化&Kindle販売が開始されたので、即購入して一気読みしました。いやー面白い。伊坂ワールドは健在です。

伊坂幸太郎といえば、最後に点と点が線になり、謎が一気に解けてくる爽快なストーリー展開と、アヒルと鴨のコインロッカーチルドレンのように「ニヤッとさせる」エンディングを迎える作品が多いのが特徴的です。

本作は、グラスホッパーという、殺し屋たちが主人公となっている作品の続編にあたるもので、他の作品とはちょっと趣が異なっています。

人がどんどん死んでしまう残酷な話ではあるものの、登場人物のキャラクター性、会話による駆け引き、一転二転するストーリーのスピード感によって、その残虐性を全く感じさせないあたりは伊坂幸太郎ならではだと思います。

その中でも特徴的だったのは「登場人物の会話量が多い」「細かな心理描写」ことかなと思っています。この2つが加わることによって、より緊迫感・ハラハラ感を持って物語を読み進めることができました。

その中でも、頭が良く残忍な中学生である「王子」が、どのようにこの世の中を俯瞰していたかというあたりは見応えがあります。特に、自らの好奇心・自信をもって飛び込んだ危険な状況下においての心境変化は、この小説の中でも一番の見所だと思います。

嘘ではなく本当に読み始めたら止まらないです。読んでみると体感できると思います。ぜひ手にとって、読んでみて下さい。読み終わる頃には、伊坂ファンになっていること間違いなしです。

スポンサーリンク