ベンチャーの夢と現実が全て詰まった一冊/杉本 宏之「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」

著名人がこぞって取り上げていたこの本、言われている通りの素晴らしい本だったので紹介したいと思います。

20140802_book_esgrant

エスグラントコーポレーションの杉本社長といえば、数年前に「1R男」を出すほどイケイケな社長として有名でしたが、その後民事再生を経て壮絶な数年間を過ごしてきたことはあまり知られていないと思います。

いわゆる社長本の大半は、苦労した立ち上げ期、売上拡大期・上場、そして今というパターンが多いですが、この本はここからが本番です。

お金が日々無くなっていく中で、投資家からボロクソに言われ、家族とも上手くいかなくなり、まさに絶望といってもよい状況の中で前を向こうとするのは相当厳しいと思います。

では、ここをどうやったら乗り越えられるか。

杉本社長の強さもありますが、最後に残ったのは、仕事をまじめにやって来た中で築いてきたビジネスマンとしての信頼と、その人柄を信じてくれた友人でした。結局は「人」なわけです。仕事をする上で、何を大切にしてやっていくのかといったヒントになるのではないでしょうか。

まさにジェットコースターのような動きをしていますが、これがベンチャー企業のリアルなんだと思います。スリル、恐怖、ワクワク感が詰まった1冊です。読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です