スターバックスのコーヒーセミナーでエスプレッソについて学んできた

今日、2回目のスターバックスのコーヒーセミナーに参加してきました。前回は美味しいアイスコーヒーの作り方を学びましたが、今回はエスプレッソの作り方です。エスプレッソって、お店でラテとして飲むことは多いのですがあまりエスプレッソをそのまま飲むことが少ないので、新しい魅力を発見できるといいなーと思い、申し込んでみました。

[adsense]

エスプレッソといっても、抽出方法・ローストの色・ブレンドの種類など、何をもって「エスプレッソ」と呼ぶのかは諸説あるらしいです。なるほど。

こういった座学でエスプレッソの基礎知識と、美味しい抽出方法について勉強を進めます。エスプレッソ用に挽いた豆を、圧力が適度にかかるように上手くフィルターに詰め、適量を抽出します。実際にはこういったエスプレッソマシンを使って行います。

エスプレッソマシンで抽出しているところ

エスプレッソマシンで抽出しているところ

コロンビア、ケニア、スマトラといったスターバックスにてメインで取り扱っている豆を使ったエスプレッソをそれぞれ試飲。

ここまで味が違うとは思いませんでした。エスプレッソだから味の違いがいっそう分かりやすくなりますね。酸味、苦み、後味がそれぞれ違っていて、自分好みの豆を探すのも楽しそうだなと思いました。

試飲したコーヒーたち

試飲したコーヒーたち

たくさん試飲した後は、実際に自分でやってみることに。

エスプレッソマシンの使い方というよりは、タンピング(粉をフィルターにギュッと強く詰め込む)が難しかったですね。ここを失敗すると、味が薄くなってしまいます。

苦戦しながらも何とか成功。エスプレッソにミルクを加えたラテも飲んでみましたが、いつものスタバラテですね。美味しかったです。

エスプレッソにミルクを載せたいつものラテ

エスプレッソにミルクを載せたいつものラテ

作ったラテを、チョコレートケーキと共に食べながら、ブラックエプロンの店員さんたちと同じく参加された人と談笑しながらセミナーは終了。あっという間の2時間でした。

今日スターバックスで使ったエスプレッソマシンが欲しくなり、探してみたのですがこういうほぼ同じであろうモデルしかありませんでした。別注なのでしょうか・・・

おまけ

イタリアの家庭では先ほどのエスプレッソマシンではなく、直火式のメーカーをよく使うらしい。値段も高くないので今度試してみようと思っています。

[adsenseimg]

この記事をシェアする