自転車屋さんって、何であんなに落ち着くんだろう?

適度に涼しくて天気も良いので、自転車を買いました。東京に引っ越してきてから使っている自転車は西友で買っていたので、あまりお店で買ったという感じではありませんでした。今回はきちんとしたお店(高円寺にある、サイクルセンターヨシダというところ)で買ったのですが、改めて自転車屋さんで買うのってなんだかワクワクしますよね。

私自身、買い物はインターネットで済ませてしまうことが多くなってきましたが、こういった地域のお店で買うのも良いなぁと改めて思ったので、それについて書いてみたいと思います。

[adsense]

インターネットでも自転車を買える時代

私が買ったのは敷島自転車というメーカーのものらしいです。こちらの自転車はあまり大手ショッピングサイトでは見かけませんが、その他メジャーな自転車はどこでも買うことができますね。

前に自転車を買い替えるか悩んだ時に候補にあげていたルノーの自転車。なんとAmazon Prime対象で配達無料。とか、ちょっと前では考えられないです・・・。

型番があらかじめ分かっていれば、インターネットで安く買うのは他の商品と同じですよね。でも自転車に限っては「自転車屋で買うのもありかなぁ」と、まさに今日買ったとき感じました。

自転車屋で買うのもありだと思った理由

  1. 自転車屋で販売している自転車も意外と安い
    • 中古品を販売しているお店もあったり、新品でもインターネット価格と大差ない商品がたくさんあります。原価があまり安くないから差をつけづらいのかもしれませんね。
  2. 試乗できるので安心
    • これは結構重要なところだと思います。たとえサイズが分かっていても、乗ったときにハンドルの高さが合わなかったりサドルが固すぎたりと、カタログとスペック上では分からない部分をしっかりと確認しておくことができます。
  3. 色んな無料サービスがついてくる(お店によりますが)
    • 3ヶ月・6ヶ月・1年の無料点検がついていたり、パンク修理の無料券といったサービスが受けられます。もちろん空気を入れるのも無料です。こういったサービスは実店舗ならではですね。

意外と自転車が安く売っていることを考えると、特にこだわりは無くただ自転車が欲しい場合は、自転車屋で買った方がお得だと思います。また、定期的に空気を入れたり無料点検をやってもらうことで顔見知りになります。

近所に顔見知りの人がいると、少し安心しますよね。空気を入れるついでに、軽く立ち話をする・・・と聞くとなんだか田舎っぽい感じですが、田舎出身の私にとっては懐かしさが心地良かったり。

ゴムチューブやオイルの匂いって、すごく落ち着きますよね。たまにはこういう場所でお店の人とふれあうっていうのも大切なのかもしれませんね。

自転車を買おうと思っている人はまず自転車屋さんへ

新たに自転車を買おうとしている人、買い替えようとしている人は、まず最寄りのお店に行くことをおススメします。お店の人が相談に乗ってくれると思いますし、何よりインターネットで自転車を買った場合でも立ち寄りやすくなりますからね。空気を入れるにしても、お店にある専用機で入れると何だかテンション上がりますよね。(自分だけかもしれませんが笑)

[adsenseimg]