【ふるさと納税】島根県米子市からビールセットが届きました(定価5,000円相当)

先日、米子市から米子市民体験パックが届いて喜んでいましたが、後を追うように鬼太郎ビールと大山Gビールのセットが届きました。結構な量が届いたので、飲み終わるまで時間がかかりそう。

鬼太郎ビールと大山Gビールがたくさん入ってます

この地域は地ビールと鬼太郎が有名ということで、それに関連したビールが送られてきます。今回届いたのは、鬼太郎ビールと大山Gビールの2種類。写真でご紹介したいと思います。

まずは届きたての写真。重いです。

image

ゆうパックで到着

中には2つの箱が。こちらは大山Gビールの外箱。

image

大山Gビール

こちらは鬼太郎ビールの外箱。

image

鬼太郎ビール

中にはこれが6本入っています。種類はスタウト以外にもあるので、飽きずに楽しめそう。

image

大山Gビール スタウト

そしてこれが鬼太郎ビールのヴァイツェン。こっちも何種類か入っています。飲むのが楽しみ。

image

鬼太郎ビール ヴァイツェン

定価にすると4,000円〜5,000円ぶんのビールが入っていてかなりお得

Amazonやその他通販Webサイトでもビールの取り扱いをしているようです。ざっと今回届いたビールをみてみたのですが、なんと定価にすると約5,000円相当の量になります。

ここでふるさと納税の仕組みを改めて振り返ってみましょう。

使わないと損、ふるさと納税つかってますか?

ここで注目すべきは2,000円を超える部分は全て所得税・住民税から控除されるという点です(ただし後述するとおり限度額があるので注意)。例えば、1万2,000円ふるさと納税をすると、1万円は所得税・住民税から控除されることになるので、実質負担は2,000円のみです。

まとめると、今回の米子市に限って言えば、10,000円を寄付すれば実質3,000円貰える上に美味しい地ビールを楽しめるということになります。

本当に地域貢献になっているのかという課題は残るのですが、寄付側には相当メリットの大きい制度だということが改めてわかりますね。

まだ今年度分のふるさと納税には間に合いますので、やったことが無い方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。