高価なプリンタを買うのが「損」な理由。

こんにちは。こてつです。自宅にPCがない人も増えています。それに合わせてプリンタがない人も増えていると思いますが、ときどき紙に印刷する必要がある時ってありませんか?

コンビニでもプリントできますが、それはそれで面倒です。「じゃあプリンタを1台買っておこうか」となるのですが、そういう時、高いプリンタを買っちゃうと損ですよーというのが今回の話です。

僕も自宅にプリンタがありますが、プリンタを買う時は「安いもの」を「2年ごと」に買い換えるようにしています。この方法がなぜオススメなのかを説明したいと思います。

プリンタ価格はあっという間に安くなる。

プリンタは定価が高いのですが、市販価格になるとぐっと下がります。さらには、商品の値下がりスピードも非常に早いです。Amazonで価格を見てみると一目瞭然です。

「定価はあるようで無い」といった方が正しいですね。それに加えて、プリンタは新機種が次々に発売されるので、あっという間に陳腐化してしまうのも大きいです。

発売して数年立った高級機種よりも、最新の廉価版機種のほうが高性能だった、ということはよくある話です。悲しくなっちゃいますよね。

本体よりも消耗品で稼ぐビジネスである。

プリンタ本体よりも、インクやカートリッジの方で稼ぐ、というのがプリンタビジネスの王道です。最近は互換品も増えてきましたが、メーカー純正のインクはとにかく「高い」のです。

カートリッジはさらに高いです。両方交換しようと思ったら5千円ぐらいかかります。これだけの金額を出せば、安いプリンタが買えちゃうですよね。そこで、安いプリンタを買い換えるわけです。

安いプリンタでも通常利用には十分すぎる。

そもそも「プリンタを毎日使うよ!」っていう人はそんなにいますかね?仕事で使うならまだしも、個人でプリンタを使う機会は、多くて年に数回でしょう。

仮に3万円の複合機を買ったとして、1年10回使うと1回あたり3000円。超もったいないですよね。そんなお金があるなら、この機種が買えちゃいますからね。

ちなみに僕が買ったプリンタはエプソンの「PX-105」という機種です。無線LAN対応があって、A4サイズまで印刷するだけの普通なプリンタですが、これで十分すぎるのです。これが約6000円。安いですねー。

「PX-105」をサクッと紹介します。

まずはスペック表。これだけあれば普段使いには十分ですよね。私が希望していた「A4印刷可能」と「無線LAN機能」は標準搭載です。

公式Webサイト(http://www.epson.jp/products/bizprinter/px105/)より

そして、こちらが外観。ダンボールの状態から開封するまで、ペタペタっと画像を貼ります。

まとめ

僕と同じように、プリンタを年に数回しか使わないという人は、インクやカートリッジで年間いくら使っているかを確認しておいた方が良いと思います。

もし思った以上に費用がかかっているようだったら、それらが切れるタイミングでプリンタ本体を買い換えましょう。それを2~3年ごとに行うのです。

「まだ使えるプリンタを交換するなんて、勿体無い」と思う人もいるでしょう。でも、それ以上にお金を払っているとしたら、どうでしょう・・・?

無駄遣いしているようで、実は有効な節約方法だったりします。ぜひお試し下さい。