驚異的なコスパ!丸善のホットプレートが超おすすめ

寒い季節になってくると温かいものが食べたくなりますよね。我が家ではよく「お好み焼き」「たこ焼き」「焼肉」を家でよく作るのですが、そういう時はホットプレートが大活躍です。

一度ホットプレートを買って失敗したことがあるので、今回はホットプレート選びのポイントとおすすめする商品について書きたいと思います。

重要なのは使う”人数”と”頻度”

ホットプレート選びで重要なのは使う人数と頻度だと思っています。これをきちんと考えておかないと、私のように使わない高価なものを買うことになってしまいます。

1.何人で使うのか?

超重要なポイントです。我が家は2人家族なので当然2人で使います。お客さんを招くこともあまり無いので、それ以上増えることはなさそうです。

家族4人で使う場合は、当然買うべきホットプレートの機種は限られてくるので、そこまで考えなくても良いかもしれません。

2.どのくらい使うか?

使う頻度も重要です。私が以前持っていたタイガー製のホットプレート、なんと1年間に10回しか使っていませんでした。理由は簡単で、使うメリットがあまり無かったからです。

メリット

  • 料理を簡単に作ることができる
  • 楽しみながらご飯を食べることができる

デメリット

  • ホットプレートの取り出しが面倒
  • 後片付けが大変

機能が豊富なものは当然たくさん付属品がついてくるためかなり重いのですが、出し入れする時にその重さがかなりキツイんですよね・・・。

後片付けも同じで、機能が増えれば増えるほどホットプレートも大きくなって、片付けも面倒になってきます。メリットの部分は、2人暮らしだとあまり変わらなかったりするので、機種選びがやっぱり大切になってくるんだろうなと思っています。

もちろん、子どもがいる家庭や両親と同居している家庭だと片付けの手間は普通の食事とそこまで変わらない、むしろラクになる場合もありそうなのでその点メリットですよね。

後片付けについては、私以外にも面倒だと思っている人は結構いそうな感じですね。

多機能でも使わないと意味がない

まずホットプレートを買うとなったら「タイガー」「象印」製品から選びますよね。私も今まで前回まで、ずっとタイガーか象印のホットプレートを買っていました。

実際に私が使っていた製品はこれ。きちんとした作りのフタも付いているので、餃子を蒸したりといった使い方もできます。

完成度は相当高いです。ただ、私には豪華すぎました3枚プレートも餃子作り用のフタも使うことはありませんでした。焼肉用の波型プレートも、同様です。

山善のホットプレートで十分だった

いつものようにAmazon、楽天と価格.comの「ホットプレート」カテゴリーで調べてみました。今回は、軽くて手入れがしやすそうな機種を見つけることが目的だったので。まずは、価格が安いものから調べてみました。

価格が安い=低機能もしくは機能が少ない、ということがほとんどなので、アプローチとしてはてっとり早いのです。そして、いくつか候補が挙がったうち最終的にこれに決めました。

本当は私の好きなアイリスオーヤマ製のものが欲しかったのですが、ちょっとサイズが小さすぎたのです…残念。)

2,570円という価格なので、もし失敗したら誰かにあげようと思っていたのですが、これがまた使いやすいのです。重さも付属品全て入れても約2.5kgなので、サッと取り出せるというのが個人的には大きいです。

また、サイズを小さくしたのでプレートの後片付けが相当ラクになりました。前のプレートは大きすぎて台所の流し台に入らなかったんですよね・・・。今は普通に食器と同じ感じで洗っちゃえます。

ということで、私のように少人数で使う人には相当オススメです。壊れたらすぐ買い替えれば良い金額ですしね。この季節、自宅で食べるたこ焼きとか最高なのでぜひ使ってみて下さい。

[追記]たこ焼きをつくってみた

この機種を買ってから、家でたこ焼きを作る回数がめちゃくちゃ増えました。手入れも簡単でコンパクトなのはやっぱり便利です。

たこ焼き

@tepkodeが投稿した写真 –

この記事をシェアする