フレッツ光のキャッシュバック申請方法を画像つきで徹底解説(ネットナビの場合)

こんにちは。こてつ(@tepkode)です。

今年2月に引越をしたタイミングで、フレッツ光を新規契約しました。以前の記事でも書いた通り各社キャッシュバック金額が大きく悩みましたが、最終的に金額の大きかったネットナビで確定。

今月になってキャッシュバック申請の手続きを行ったのですが、これがとにかく面倒くさい!!手続きをメモをしながら何とか申請は完了。備忘録としてまとめるので、ぜひ参考にしてもらえると。

ネットナビでフレッツ光のキャッシュバックキャンペーンに申込した人は、この流れに沿って手続すれば大丈夫かと。別の代理店だと手順が異なる可能性があるのでご注意下さい。

高額キャッシュバックならスマホより光回線を狙うべし

ネットナビのキャンペーン内容

手順を書く前に、キャンペーンについて簡単におさらい。フレッツ光の回線申込をする際、NTTではなくネットナビから申し込み、一定の条件をクリアすると一定の金額がキャッシュバックされるというもの。

くれぐれも、NTT東日本・西日本から直接申し込みをしてしまわないように注意してください。キャッシュバックが無いか、あったとしても金額がグッと減るばかりで、メリットはほとんどありません。

▼ネットナビで申し込む

キャッシュバック金額は代理店やキャンペーン開催時期(一般的には新生活の始まる春や秋が狙い目)によって変わりますが、フレッツ光は総じて高めで安定しているのでいつ申し込んでも大丈夫でしょう。

ちなみに、僕が申し込んだ時の金額は30,000円。今は60,000円。どちらも儲かってることには違いないのですが、ここまで差があると何だか損した気になりますね・・・。これからの人はガッツリ儲けてくださいね!

それにしても、フレッツ光のキャッシュバック金額は本当に凄いです。オプション契約必須などの条件があることを考えても、大盤振る舞いといって良い金額です。他の回線でここまで貰えるものはありません。

申請手続きの流れと期間

次に、キャッシュバックの流れと要する時間をみてみましょう。イメージしやすいよう、1月に申し込んだ場合を例にして流れを書いてみました。

申込から完了までの流れ

  • 【1月】フレッツ光回線の申し込み・回線工事完了
  • 【2月】(特になし)
  • 【3月】(特になし)
  • 【4月】(特になし)
  • 【5月】(特になし)
  • 【6月】(特になし)
  • 【7月】(特になし)
  • 【8月】(特になし)
  • 【9月】(特になし)
  • 【10月】キャッシュバック申請手続き開始
  • 【11月】キャッシュバック手続き完了期限
  • 【12月】キャッシュバック振り込み

ご覧の通り、回線の申し込みから申請手続まで10ヶ月もかかります。おまけに、申請手続きには期限があります。それをクリアした後に、ようやく振り込みが待っているのです。

何でこんなに面倒なことをするのでしょうか?答えは明らかです。

キャッシュバック申請を忘れて欲しい

この1点に尽きます。

仮に、フレッツ光回線の申し込み1人あたり4万円のマージンが代理店に入ってくるとします。でもこのうちキャッシュバック分3万円が出ていくと、儲けは1万円になります。

ここで申し込みした人が申請を忘れてくれれば4万円が代理店の儲けになるのです。そりゃ手続きを複雑にしますよね。僕が代理店側だったら、もっと難しい手続き方法にしますw

とはいえ、こちらはキャッシュバックが欲しいから代理店で申し込みをしているわけで。というわけで、いくら面倒でもキャッシュバック申請は忘れずに行いましょう。

申請手続きの詳細手順

ここからが具体的な手続きの中身になります。回線が開通した月を1ヶ月目として、10ヶ月目に専用URLからの手続きが可能になるのですが、この「10ヶ月目」という定義が中々に姑息。

まず、URLアクセスできるのは「10カ月月だけ」です。もし1月30日に回線が開通したとすると、手続きができるのは10月30~31日の2日間だけ、ということになるのです。

1.専用URLから申請する

回線の申し込みをした際に、ネットナビから内容確認の書類が届いたかと思います。その書類にキャッシュバック申請用URLが記載されているので、そこにアクセスします。

このURL、メールでは送られてこないので紛失しないように注意して下さい。

そこに書かれたURLをブラウザに手入力してアクセスします。今どきこんな面倒な方法をさせる会社があるなんて・・・と思ったのですが、ここで止めてしまっては敵の思うツボですね。

URLにアクセスすると専用サイトが開くので、「申し込み番号(私の場合は11桁の英数字でした)」と「申し込み時の電話番号」を入力して申請します。これも申込時の確認書類に記載されています。

2.手続き案内のメールが届く

申請が終わると次の手続きを案内するメールが届きます。

手続き案内のメール

ここでも面倒な手続きが待っています。

  1. メールに添付されたPDFをダウンロード
  2. PDFを印刷して必要項目を記載する
  3. 指定された窓口宛に郵送する

これはダルい・・・。さらにもう一つ、注意しないといけないことがあります。

このメールは必ず保存すること。無くしてしまうと、書類送付後に行う最終手続きができなくなってしまいます!

3.申請用紙の印刷と送付

メールに添付されているPDFファイルをダウンロードして、紙に印刷します。この時点で超面倒・・・。必要事項の記載と押印を行った後、専用の窓口宛に郵送します。

自宅にプリンタが無い人はコンビニプリントを使うか、安い機種を1台買っておくのが良いと思います。3500円ほどで買えるこの機種が個人的にはおすすめ。

4.申請用紙の受領連絡

2.で届いたメール内に書かれた手続き用のURLにアクセスし、振込先の口座情報を登録します。後半に半角カナを入力する箇所があるので、作業はPCで行ったほうが便利です。

キャッシュバック口座情報の入力画面

入力が完了すると次の画面が表示されます。

キャッシュバック口座情報の入力完了画面

5.申請完了のメールが届く

しばらくすると、申請完了のメールが届きます。ここまで来れば申請手続き自体は完了なので、翌月末に振り込まれるまで待ちましょう。

書類内容確認完了のメール

メールや書類を無くすとアウト

キャッシュバック申請の手続きは簡単なのですが、実際にやってみると思った以上に時間がかかります。1つ1つは簡単なお仕事ですが、申請と確認の繰り返しになるため、意外と長く感じるのです。

ただ、申請する期限さえ気を付ければ特に難しいことはありませんので、手続きができる日になったら一気に最後までやってしまったほうが良いでしょう。途中で止めると確実に忘れます。

手続きの際に、申込時に届いた書類”だけ”に書かれている「ID」「申し込み電話番号」を正しく入力する必要があります。なので、メールや書類は必ず保管しておくように注意してください。

振り込まれない時は電話してみよう

このブログをGoogleアナリティクスで分析をしていると「ネットナビ キャッシュバック 振り込まれない」というキーワードで検索して来てくれる方が多いようです。

こういう時は、サポート窓口に電話して「キャッシュバック金額が振り込まれない。このまま振り込まれないなら解約して他社に乗り換える。」と伝えましょう。

ネットナビに限らずフレッツ光の販売代理店は、NTTと回線販売の契約をしています。その契約の中には当然「契約した人が最低でも1年間利用すること」といった条件があるはずです。

なので、途中で解約されてしまうと代理店の報酬はゼロ円。リスクが大きい商売のように思いますが、途中解約の違約金を負担する代理店もあることから、相当儲かるのでしょう。

という事情も考えながら、”ちょっとだけ”強気に出るのは全然ありだと思います。くれぐれもクレーマーにはならないように注意しましょう。

▼ネットナビで申し込む

【フレッツ光】工事費割引!最大192,000円割引