サービスを削ぎ落とした美容室があってもいいと思う。

有効期限が迫っているリクルートポイントが大量に残っていたので、ホットペッパーを使って急遽髪を切ってきました。

半ば適当に選んだお店だったのですが、思いのほか満足しました。なぜなら、カット・シャンプー・セットを超クイックにやってくれたから。

こういう美容室、もっと増えて欲しいですね。

例えば「シンプルコース」のような形で選べるようになっていたら、人気でると思うんですけどね。特に私のような男性客には。

QBハウスのような「床屋」を目指すわけではなく、美容室としてこのサービスを提供することに意味があると思うんですよね。

何でそう思ったのか、私なりの意見を書いてみます。

なぜ美容室に行くのか

そもそも、なぜ美容室に行くのでしょうか。床屋じゃダメなんでしょうか。私は次の理由で美容室に通っています。

  • あいまいな要望を上手く形にしてくれる
  • 自分の頭に合った髪型にしてもらえる
  • 自分でセットしやすいカットをしてもらえる
  • ヘッドスパなどのオプションがある

つまり「おまかせ」である程度オシャレな状態にまで仕上げてくれるので、美容室に行っているということになりますね。

「床屋でもオシャレにしてくれるよ」という声があるかもしれませんが、さっぱりさせてくれるだけで自分に合った髪型にしてくれるとは限らないんですよね。

以前私が通っていたNozの美容師さんが次のように言っていました。

床屋は左右対称の奇麗なカットを、美容室は左右比対称でその人にあったカットをするんですよ。

思わず「なるほどー」と言ったのをよく覚えています。

マッサージや2度シャンプーは不要

だいたいの美容室って、カット前と後でシャンプーを2回行うんですよね。カットした毛を洗う目的もあると思うのですが、これ1回でも良いと思うんですよね。もしくはお湯で流すだけにするとか。

今日行った美容室はまさにそう。簡単に流すだけでしたが全然問題なかったです。どっちにしろ夜にまたシャンプーするので。

そして、シャンプー後のマッサージ。これは本当に要らないです。この時間分早く終わらせて欲しいと思っている人、私以外にも結構いると思うんですよね・・・。

美容師の人に「マッサージしても良いですか?」と聞かれたら、さすがに「いいです」とは言えないですよね。これも相当もどかしかったりします。

これだけ丁寧にしてくれるのは嬉しいし、それを目当てに来店する人が大半だと思いますが、もしそれらを全てスキップする代わりに20分早く終わりますという選択ができたらそれを選ぶ人もいるはず。

1000円カットとは競合しない

先ほども書いたように美容室に来る人は自分にあった髪型やオシャレ感を求めてやってきます。(ソースは自分)なので、1000円カットが競合になることにはならないと思うのです。

むしろ、効率を高めて回転率が上がるし。お店としては嬉しいのではないでしょうか。

まとめ

美容室で45分という驚異的な短時間で終わったということが個人的には相当に衝撃でした。美容室は増える一方で、1店舗あたりの収益も厳しくなってきているんだろうなと思います。

独自製品を開発したり美容グッズを販売するのも良いのですが、1人あたりの単価を上げるにも限界はあります。なので、いっそのこと回転率を上げてしまいましょう。

もし見ている方で美容師の人がいれば、確実にニーズはあると思うのでぜひ取り入れて欲しいです!

追記

今日のシャンプーは炭酸泉というオプションでやってもらいました。頭皮の汚れがごっそり落ちるようです。

市販されているようなので、今度試してみようと思います。使い心地がよかったらまた紹介します。

この記事をシェアする