「マイクロソフトでは出会えなかった天職」から理解するNPOというビジネス

NPOというものにぼんやりと興味を持っていたので、買って読んでみました。NPOもビジネスの1つの形なのだということに気づけたことは大きかったと思います。私と同じようにNPO=慈善活動の団体という風に捉えている人は一度読んでもらいたいなと思います。

Room to Readについて

著者のジョン・ウッドという人は、マイクロソフトの高い報酬を捨ててRoom to ReadというNPOを設立しました。

Room to ReadのWebサイトトップ画像

Room to ReadのWebサイトトップ画像

世の中には数多くの読み書きができない子どもたちがいます。発展途上国によっては、特に女性の識字率が非常に低いという現実があります。

Room to Readは学校建設や図書館建設、本の出版といった活動を通してその格差をなくすことを目指して活動している団体です。

人を動かすのはお金や名誉ではなくて”気持ち”である

NPOを立ち上げてここまで勢力的に活動するきっかけは、著者が旅行で訪れたネパールでの出会いがきっかけ。ここで多くの人と関わるうちにこの現状を変えなくてはという気持ちになり、気づけば体が動いていた。

決して、メリットやデメリットといったものを考えた上での行動ではなく、あくまで自然と体と気持ちが動いたということ。この動機に勝るものって、意外と無かったりするんですよね。

NPOは慈善活動ではなくてビジネス

NPOと言えば「慈善活動」という言葉が頭に浮かびますが、これは間違いということ。Room to Readのように「識字率を上げる」という使命を達成するには、活動そのものが継続できなければ意味がありません。

Room to Readが「一人一人が仕事を辞めることなく支援し続けられる仕組み」を作ったように、一つのビジネスとしても成立されることがとても重要になってきます。一般の企業と変わりません。違うのは何を目的としているかということだけだと個人的には思っています。

日本のNPOだと、ここを意識してかつ結果として継続できるモデルを築きあげているところはほとんどないのではないでしょうか。逆に、ここがきちんとできるようになってくるとNPOで働きたいという人がもっと増えてくるかもしれませんね。

さいごに

本のタイトルにもあるように、「天職」を見つけることは非常に難しいと思います。私も、まだ天職に出会えていません。ただ、ジョン・ウッドがそうであったように、自分の気持ちが自然と行動につながる場合は、きっとそれは天職であったり、それを見つけるための第一歩になったりするのでしょうね。

キャリアについて悩んでいたり、一本を踏み出すことを躊躇している人は読んでみると良いと思います。何を一番大切にして動くべきか、参考になるヒントがたくさん詰まった一冊です。

この記事をシェアする