3時間があっという間。SF映画「インターステラー」は今年一番の傑作!

土曜日は雨模様だったこともあり、公開前から気になっていた映画「インターステラー」を観てきました。公開直後から絶賛コメントが多数挙がっていたので期待しながら鑑賞しましたが、期待を大きく上回る完成度でした。今すぐ映画館に向かって観て欲しい作品です。

映画「インターステラ−」について

公式ページ(http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/synopsis.php)より

公式ページ(http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/synopsis.php)より

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。(引用元:シネマトゥディ

「宇宙」「人類滅亡」というSF映画ならではのスケール感が余すことなくつめ込まれていますが、あくまで本質は家族や人類を守るという「愛情」がテーマ(だと私は思ってます)。その全てを高いバランスで融合している本作は今までのSF映画とは一味違った内容になっているように感じました。宇宙自体ではなく「重力」にフォーカスを当てているあたりも、面白かったです。

見た人のコメント

難しい映画というコメントもありましたが、面白かったという声が圧倒的。ほんと、グイグイと引きこまれて3時間あっという間に過ぎちゃうのです。

安定の「クリストファー・ノーラン」監督作

ダークナイトシリーズなどヒット作を連発しているクリストファー・ノーラン監督の作品には本当にハズレが無いです。個人的には2010年に公開された「インセプション」もかなりオススメです。

記憶の中に侵入するという奇抜なアイデアを、あれだけ高い完成度の作品として仕上げたことに、当時は感動しましたからね。見たことがない人はDVD版Blue-ray版どちらでも安く買えるので、ぜひチェックしてみて下さい。

もちろんレンタルもされている作品なので、近くにTSUTAYAやGEOがある人は借りて観るのが一番てっとり早くて良いかもですね。

映画館の割引も合わせてチェック

映画を見に行くときは、事前に割引情報をチェックしておくのが良いと思います。私はTOHOシネマズをよく使うのでYahoo!プレミアムの300円割引を使って見に行くことが多いですが、レディースデイやTOHOシネマズデイのような曜日限定割引を狙えばもっと安く観ることができます。

大手の映画館であればどこでもこういった割引サービスがあるので、見たい映画があればあらかじめチェックしておくのが良いと思います。

割引情報へのリンク