ヒアリングマラソンを1年間続けたらTOEICスコアが800超えた。

英語の勉強で一番苦しいのは「モチベーションを維持する」ことではないでしょうか。そういう時に一番効果的な方法は「TOEICでスコア◯◯点取る」といった具体的な目標を作ることです。

英語初心者だとTOEICスコア500~600をまず目指すのが良いと思います。この位のスコアであればモチベーションを落とさず一気にクリアできるレベルなので、そこまで心配は要りません。

英語初心者がTOEICスコア600を取るための勉強法

ここからモチベーション維持が難しくなっていきます。試験のテクニックだけではなく、本当の実力をつけていかないとスコアが伸びなくなってくるからです。まさにここが英語学習の入口です。

スコアアップを目指して学習しても、努力の方向が間違っているとスコアが伸びず、英語を楽しむことができなくなり、いつの間にか勉強を辞めてしまっている。

僕もそんなサイクルに陥ってしまいそうになったので、思い切って試してみたのがアルク社の1000時間ヒアリングマラソンという教材でした。正直言って、効果バツグンでした。

英語を多少でも勉強した人は、この教材を知っているのではないでしょうか。興味を持っている人も多いと思います。そこで今回、私が一年間やってみた成果をまとめてみました。

これからの英語学習に取り入れたいと考えている人、スコアアップに悩んでいる初級~中級の方には役立つと思いますので、ぜひ参考にしていただると嬉しいです。

ヒアリングマラソンとは

引用元:http://www.alc.co.jp/listening/h4/

簡単に言ってしまうと、オリジナルテキストとCDを使いながら「多聴」と「精聴」をバランス良く行っていくというものになります。多聴は名前の通りたくさん聴くことで、清聴は丁寧に聴くことを表しています。

毎月届くこの教材に沿って学習を進め、教材の最後にあるTOEIC形式のテストを受講・提出するというのが基本サイクルです。副教材として「English Journal」も毎月届くので、これを組み合わせた学習スタイルをとることも可能。自由度はかなり高いです。

1000時間も勉強できる?

ヒアリングマラソンの学習目標は「年1000時間の英語ヒアリング」です。時間にカウントして良いのは、きちんとヒアリングした時間だけ。別の作業をしながら英語のラジオを聞いていた場合は対象外。

そうなると、年1000時間を達成するためには毎日約3時間のヒアリング時間を捻出する必要が出てきます。毎日定時で帰宅できる人は別として、僕のように終電生活な人には至難の技だと思います。

僕も、最初の数ヶ月は「必ず達成しよう!」と頑張っていましたが、遅くまで働きながら平日に確保できる時間は、60〜80時間が限度でした。これ以上の時間確保は土日をガッツリ割かないと無理…。

なので、僕は早々にこの「年1000時間」という目標は諦めました。そして、無理のない程度のペースで続ける方向に気持ちを切り替えました。個人的には、こっちの方が続けやすいと思います。

あ、もちろん真剣に1000時間勉強したほうが良いのは間違いないんですよ!できる方はそうして下さい。ただ、元来からの怠け者な僕には無理だっただけで。

具体的な学習サイクル

無理しない程度のペースで続けると書いた通り、あくまで自分にあった学習スタイルで進めました。とはいえ毎月の教材とテスト提出はやり切らないといけないので、そこだけは何とかクリアするような進め方になります。

具体的に書いた方がわかりやすいと思うので、1か月を4週間とした場合どのようなペースで学習したのかを書いてみます。

1週目(教材が届いた週)

教材が届いた日にやったこと

  • 教材を開封して全体をざっと眺める
  • 教材付属のCDをiTunesでPCに取り込んでスマホに転送ウォークマンに転送
  • English Journal付属のCDをiTunesでPCに取り込んでスマホに転送ウォークマンに転送
MEMO
教材とEnglish Journalの音声データはスマホよりも専用プレーヤーに入れて聞くほうが集中できます。僕も最初はiPhoneで聞いてましたが、SNSを見たりして集中できなくなるので、最終的にはウォークマンを買いました。

平日やったこと

  • 教材の学習(朝か夜にカフェで1時間程度)
  • English Journalや教材の音声データを聞きながら通勤

週末やったこと

  • 会報誌を読む
  • English Journalをざっと読む
  • 教材テストの回答と提出

2週目

平日やったこと

  • 教材の学習(朝か夜にカフェで1時間程度)
  • English Journalや教材の音声データを聞きながら通勤

週末やったこと

  • English Journalの気になったトピックをじっくり聴く
  • English Journalの気になったトピックをディクテーションする
  • 前月の教材テスト結果確認

3〜4週目

平日やったこと

  • 教材の学習(朝か夜にカフェで1時間程度)
  • English Journalや教材の音声データを聞きながら通勤

週末やったこと

  • ディクテーションしたEnglish Journalのトピックでリピーティング、シャドーイングする
  • English Jounalの気になったトピックをじっくり聴く

どの教材から学習すべきか

僕は最初ここで悩んだのですが、付属教材とテストを最初に終わらせて(優先して)、その後にじっくりEnglish Journalをやるという方法がベストだと思います。

本当なら全ての教材をバランス良く学習するのが一番ですが、ヒアリングマラソンの教材はとにかくボリュームが多いのです。全部手をだすと、最終的に何も終わらない・・・となってしまうのです。

1ヶ月のヒアリング時間は?

これを行うと毎月40時間くらいのヒアリングを勉強をできると思います。これだけではちょっと足りないので、僕はこれに加えて映画や海外TVドラマを字幕で見るようにしました。それを合わせると、大体月に約70時間ヒアリングをしていたことになります。

100時間には到底足りない時間ですが、気にする必要はないと思います。仕事の間で、気負わず楽しみながら勉強できる時間としては、このくらいが限界でしょう。個人的には合計時間よりも毎日1~2時間確実に勉強する週間が身につく方がずっと大切だと感じています。

TOEICスコアの変化は?

このペースで学習したらどのくらい延びるのかという話ですが、実際にはこのような感じで変わっていきました。(リスニングとリーディングの点数を記録していなかったので、若干ズレているかもしれません・・・)

  • ヒアリングマラソン開始前:スコア650(L:325 R:325)
  • ヒアリングマラソン開始半年後:スコア735(L:375 R:355)
  • ヒアリングマラソン開始1年後:スコア805(L:425 R:375)

1年間で155のスコアアップ!

中でもリスニングのスコアが大幅に伸びました。一年の後半になると聴いている内容がほとんど分かるようになってきたので、大きな進歩だったと思います。一方でリーディングのスコアはほとんど伸びず。勉強をちゃんとやっていないので当然ですが。

TOEIC800取得後に続けたこと

スコア900を目指して1000時間ヒアリングマラソン二週目!と言いたいところですが、以前ほど時間を割くことができなくなったので止めました。(いつか再チャレンジしたいですけどね)

でも、ここまで伸ばした英語力を落とさないよう、できる限り勉強は続けました。毎日確実に勉強できる通勤時間はEnglish Journalを使ってヒアリングとリピーティングをしました。時間にすると1日1時間ほどでしょうか。

やる気が起きない日、休みの日はお気に入りの海外ドラマを見てました。その頃偶然ハマったのが「the OC」というアメリカの大ヒットドラマ。これに影響を受けてアメリカに旅行に行ったほど(これはまた別の機会に)です。

思い切って、転職もしました。

TOEIC800あれば面接で「英語がそこそこできる」というハッタリをかますことができます。そのハッタリを使って「本当に英語を使う環境」に身を投じるのです。これが効果絶大で、翌年にはTOEIC875になりました。

このあたりはnoteに詳しく書いているので良かったら参考にして下さい。有料記事ですが、より具体的に書いているので転職を考えている人には役に立つと思います。

参考記事:英語を全く喋れなかった私が、海外拠点と英語テレカンができるようになるまでにやってきたこと

「怠け者」との相性が抜群

まさに僕がそうなのですが、計画をきちんと立てて勉強することが苦手なんです。計画を作っても途中で振り返るのが面倒になるんですよね。なので、誰かにリマインドしてもらったり、お尻を叩いてもらわないと全然続かないのです。

このヒアリングマラソンは、毎月決まったタイミングで教材が届きます。同時に、テスト提出も必要になります。まさに「学習リズムを作ってくれる」良い相棒になってくれるので、怠け者にはピッタリな教材だと個人的には思っています。

気になる料金は、1ヶ月にすると約3〜4000円ほど。これを安いと思うか高いと思うかは人によりますが、同じ金額を払って英会話学校に通うより遥かに実力が身につく勉強方法なので、個人的には安いと思います。中級から上級へとステップアップを考えている人にとっては、コスパ最強の教材と言えるでしょう。

とはいえ一年間も続けられるか分からない、という人向けに6ヶ月コースやTOEIC向けコースなども用意されている模様。自分にあったコースを一つ試してみてから1000時間に取り組むのも良いかもしれませんね。