GmailとGoogleカレンダーの自動連携が便利すぎる!

先日申し込みを行った森山直太朗の全国ツアー先行予約、嬉しいことに当選の連絡がメールで届いていました!楽しみ!

当選連絡のメール

と森山直太朗のことについて書き始めてしまうと長くなるのでそれはまた別の機会に・・・

このメールがきっかけで気づいたGmailの超便利があるので紹介したいと思います。

GmailとGoogleカレンダーの自動連携

「さっそくカレンダーに追加しておかないと!」と思いつつも忘れてしまっていたのですが、しばらくするとこんなメールが届いていることに気がつきました。

Googleカレンダーからのメール

こんな機能あったっけ?と思いながら、Googleカレンダーを開いてみます。すると・・・

メール内容が自動的にカレンダー反映

Gmailがメールの内容を判別して、Googleカレンダーに予定として自動的に登録してくれるという超便利な機能!ちょっと感動しました。

これはもっとアピールしても良い機能だと思いますね。一方で、「メールの中身を見られているのでは」という不安を覚えなくもないので、少し調べてみました。どこにいてもGmailによるとこうらしいです。

これらの機能を提供するために、Google の社員が私個人のメールの内容を見ることはありますか?

いいえ。この機能では、自動アルゴリズムを使用しています。航空会社、宅配サービス、オンラインショップなどから一括して送信されるメールには、フライト番号や荷物の発送情報などの重要な情報だけを抽出できるように、「マークアップ」と呼ばれる特殊なフォーマットが含まれています。この機能が Google の品質規格を満たしているかどうかを確認するために、Google は、収集した一括メッセージから自動的に生成されるメール テンプレートを調べることがあります。これらのテンプレートには個人情報は含まれません。テンプレートは、Google のシステムがこれらの一括メッセージのフォーマットを正確に反映していることを確認するために使用されます。

記事の最初に貼ったチケットぴあからのメールにも、このマークアップが含まれているのでしょう。少なくとも文面の内容ではなく機械的にチェックしているようなのでとりあえず安心なのではと思います。(私は全く心配していないのですが、念のため。)

スケジュール内容の精度は高くない

これだけ聞くとGoogle凄すぎるとか思ってしまいますが、もちろん万能ではありません。登録されたカレンダーの詳細を見てみると、いろいろと登録が中途半端なことに気づきます。

自動登録された予定

この「URLを開く」をクリックすると元のGmailメッセージが表示されるようになっています。「Confirmation number」というのがチケットの予約番号にあたるものになります。

ただ、この自動追加された予定の難点は編集できないという最大の欠点が。また、他の人を予定に追加することもできません。機能がまだ開発途上なので、現状ではあくまでリマインダーとして使わざるを得ないですね。とはいえそれだけでもかなり便利だったりしますが。

Googleのことなので、この使いづらい部分の解消と新機能の追加はすぐされると思います。なので、これを機会に今までGmailとGoogleカレンダーを使ったことが無い人は使ってみることをおすすめします。私の場合はGoogleカレンダーはSunrise経由で使っているのですが、このアプリも相当使い易いので合わせてチェックしてみて下さい。