年賀状を送るだけで復興支援ができる「チャリティー年賀状」

▼この記事をシェアする

年賀状の時期で、これから準備をはじめる人も多いのではないでしょうか。そういう人は復興支援も一緒にできるこの「チャリティー年賀状」を使ってみてはどうでしょうか。

チャリティー年賀状について

博報堂アイスタジオの特設サイトトップ(http://www.i-studio.co.jp/charity-nengajo/index2.html)

博報堂アイスタジオの特設サイトトップ(http://www.i-studio.co.jp/charity-nengajo/index2.html)

ネットで年賀状を使ったサービスで、このチャリティ年賀状を購入することで1枚ごとに10円が東北の被災者に届けられるというものです。実際にはベルマークを送っているようですね。

被災校の児童生徒に必要な備品や教材を贈っているウェブベルマークへ、支援金として1枚ご利用いただくごとに10円を寄附いたします。

はがきへの印刷は1枚あたり78円、基本料金は0円だから、1枚からでもお気軽に「ネットで年賀状」からご利用いただけます。また、自分の自宅へ配送して一筆添えてから投函することも、直接相手に送ることもできます。

使い方

手順はとても簡単です。まず、チャリティ年賀状のWebサイトを開きます。まずはレイアウトを選ぶため、画面の下にある「すべてのデザインを見る」を押して進みます。

スクリーンショット 2014-12-12 14.50.21

そうするとチャリティ年賀状の対象デザインが出てきます。全部で106枚(12/10時点)あるので、これだけあれば好きなレイアウトは見つけられると思いますので、それを選択します。

スクリーンショット 2014-12-12 14.40.36

するとレイアウトの選択画面になりますが、今回は選択できないため「普通紙でつくる」を押して進みます。価格78円になっていますね。ここから10円がベルマークとなって募金されるわけです。

スクリーンショット 2014-12-12 14.34.29

次はメッセージの入力画面。文字のサイズ・色・配置を調整して自分の好きなレイアウトに仕上げていきます。ネットから年賀状を注文したことがある人は、手慣れたものですよね。

スクリーンショット 2014-12-12 14.35.32

ここで問題なければ「注文する」を押して進みましょう。一先ずここまで入力すると、後は年賀状の送信方法を決めて、実際の入力に進みます。

スクリーンショット 2014-12-12 14.35.55

ここまで書けば後は画面に沿って進むだけで最後まで進めると思います。チャリティ年賀状で違うのは、金額と全面印刷が選択できないことくらいです。

みんなが使えばすごい金額になる

2003年の45億枚をピークにして、年賀状の枚数は年々減っています。とはいえ今年も32億枚という、とてつもない数の年賀状が送られる予定です。

引用元URL:http://www.garbagenews.net/archives/2114695.html

引用元URL:http://www.garbagenews.net/archives/2114695.html

例えばこの32億枚のうち、100分の1がこのチャリティ年賀状で送られたとすると、それだけですごい金額になります。

32億枚 x 1/100 x 10円/枚 = 3.2億円!!

これが1000分の1だとしても3,200万円になりますので、被災地の方には少なからず役に立ててもらえる金額感にはなるのではないでしょうか。

改まって「復興支援をしよう!」とか「募金をしよう!」となるとなんだか手が出ない人も、こういう取り組みであれば気軽に参加できると思います。ぜひ使ってみて下さい。

[追記]販売枚数と募金金額について

2014年の年末から2015年の年始にかけての販売実績と募金金額が発表されていました。文章は@PRESSより引用。

株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、全国学生と東北の被災校を支援する、「チャリティー年賀状」の取組みを実施してまいりました。今年度の販売活動が終了し各賞が決定いたしましたので、受賞者表彰式を実施すると共に、一般社団法人ウェブベルマーク協会(所在地:東京都港区、理事長:小島 敏郎、以下 ウェブベルマーク協会)へ、その売上より1,106,420円を寄附いたしました。この金額は、昨年度比161%増で、2011年のコンテスト開始以来最高額の寄付金となりました。これもひとえに、コンテストへご後援、ご協力くださった企業団体のみなさま、またコンテストへご応募いただいた学校関係のみなさま、そして「チャリティー年賀状」をご利用いただいた一般のみなさまの、弊社社会貢献活動へのご理解とお力添えのおかげと、深く感謝申し上げます。

今年度は、日本郵便株式会社、ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社、公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)のご後援のもと実施し、コンテストで選ばれた優秀作品を、株式会社CONNECTIT(本社:東京都千代田区、代表取締役:飯野 法志、以下 CONNECTIT)が運営している「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」にて、2014年11月21日より2015年1月15日まで販売。「チャリティー年賀状」は、合計11万642枚(昨年度比172%増)を販売することができました。

スポンサーリンク