使い倒して分かったAscend G6の欠点ーそれは「カメラ」と「容量」

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ「こてつのブログ」管理人。東京で消耗して地方に移住した元エンジニア。生活を便利にしてくれるIT(ガジェット、WEB、アプリ)情報、地方暮らし、仕事論など幅広い記事を書いております。

またまたAndroidネタです。

夏に買ったASCEND G6が、使い始めて4ヶ月が経とうとしています。概ね問題なく使えているのですが、個人的には辛い問題点が2つ浮上してきました。その2つの問題点について、私が前まで使っていたiPhone5sと比べてどうかという点も交えながら書いてみます。

これから格安Android機を買おうとしている方は、あらかじめチェックしておいても損はないと思います。

問題点1:本体のストレージ容量が少ない

私は仕事の関係もあってGoogle Playのストアランキングに出てくるアプリをとりあえずダウンロードして使ってみることが多いです。しかし、新しいアプリを入れようと思っても本体の容量が足りずアプリがインストールできないことが頻発します。

参考記事:Ascend G6の内蔵ストレージ容量が足りなくなった時の対応方法

上記の方法で一時的にはクリアできるのですが、アプリを追加するとどうしても削除できないデータは増えるため、近いうちに新しいアプリを入れようと思ったら代わりに他のアプリを消さないといけないという状態になるのがほぼ確定でしょう。

なので、アプリをたくさんインストールして使う人は、本体のストレージ容量が多い他の機種を探した方が良いでしょう。

参考までにストレージの容量は、このスペック表で言うと「ROM:8GB」という部分になります。本体の容量を調べる時はここをチェックしましょう。

スクリーンショット 2014-12-18 12.58.01

問題点2:カメラ性能がスペックほどは良くない

これはたくさん撮ってみないと気づかないことかもしれません。大きくiPhoneのカメラと比べて劣っていると感じたのは以下の2点。

  1. 夜間に撮影した時の写真画質
  2. シャッター速度と保存速度

解像度で言えばAscend G6は決して低いスペックではありませんが、レンズの感光性能が良くないのかiPhoneで撮った写真と比べると画像のアラが目立ちます。特に夜間に撮影した写真の画質はかなり低いと思って良いです。

また、シャッター速度と写真の保存速度にも不満があります。これもレンズの感光性能によるものなのか、それとも本体の処理速度の問題なのかは不明ですが、シャッターを切ってしばらくしないと写真が撮影できないことがよくあります。

シャッターを切るところから写真の保存までにしばらく時間がかかるため、iPhoneのように写真をパシャパシャ撮るといったことをすることが難しいのです。何枚か撮った中で良い写真を使う、といったことができないのは結構つらいですよね。

アプリとカメラをたくさん使う人は最新機種にすべし

写真もあまり取らず、SNSをメインに使っている人には全然問題ないと思うので断然おすすめの機種です。何せ安いですし。

一方で、私のようにアプリを大量にインストールしたりカメラでたくさん写真を撮る人にはちょっと使い勝手が良くないかなと思います。2万円台の機種だと「ASCEND P7」か「ZenFone5」が使いやすくていいと思うので、検討中の人はこちらをチェックしてみてはどうでしょうか。

この記事をシェアする