マンガ「夕凪の街 桜の国」が教えてくれる、生きることの辛さ。

世の中には名作マンガがたくさんありますね・・・この「夕凪の街 桜の国」も、その一つです。

kounofumiyo_yuunagisakura_1

あらすじ

昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。

引用元:Amazon「夕凪の街 桜の国」作品紹介

私が生き残った意味

主人公であるこの女性は、幸運にも戦争と原爆から生き延びることができました。しかし、そのことが彼女を苦しめ続けます。失ってしまった家族や友人、助けることができなかった人たちのことが常に頭から離れない。そんな中で自分だけ普通に生活しても良いのだろう、と。

kounofumiyo_yuunagisakura_3

マンガを読んでいる私たちの世代は、戦争がどれほど辛いものだったのかを知りません。「私はこの世におってもええんじゃろうか」なんて、考えたことありません。誰もが「自分のせいではない」ことが分かっていることで苦しむのは、どれほど苦しいことか。

kounofumiyo_yuunagisakura_4

広島では戦争を経験した人が「戦争を忘れてはいけない」と、体験談を語り継ぐ活動を続けています。その時のことを伝えつづけることで、戦争の残酷さを伝えるとともに、生きても良いのだという気持ちを繰り返し確認しているのだと、この作品を見て初めて分かりました。

状況は全く別ですが、東北大震災の被害にあった福島の人たちの中にも、同じような気持ちを抱いたまま悶々としている人はいると思うんですよね。

今なお残る放射線に対する誤解

この漫画では被曝による白血病(多分)の話が出てきます。ただ、この頃は本当に情報がなく、勉強が苦手なことまですべて原爆の影響というくくりにされていました。

今なお飛び交っている原発の放射線に関する誤解やデマですら今なお残っているのですから、情報が少ない当時に過ごす人は相当つらい思いをしたのだと思います。

kounofumiyo_yuunagisakura_5

心にひっかかる「もやもや感」

絵柄は明るいですが、話は終始重めで決してみんなに手放しでおすすめできる内容ではありません。読んだ後もどこか「もやもやした感じ」が残る内容になっています。

私は生まれが広島生まれということもあり、原爆2世や3世の人たちが戦争の怖さを語る場面もよく目にしてきました。その頃は「戦争したらダメに決まってるじゃん」くらいの認識でした。

それだけではなかったんですね。語る人たちも辛いのです。その辛さを今後二度と生まないように、そして自身の辛さを和らげるために、多くの人たちに伝えているのでしょうね。広島のに帰った時、話を聞く機会があれば耳を傾けて見たいと思います。

短い漫画ですが、大切なものがたくさん詰まっています。ぜひ読んでみてください。