auのFirefoxスマホ「Fx0」がコケると思う3つの理由

Firefox OS搭載のスマートフォンが、まさかauから発表になるとは思いませんでした。田中社長は「商売で抜き出した」と言っているものの、「これは売れない」と直感的に思ってしました。

KDDI、国内初のFirefox OSスマートフォン「Fx0」発売 Webサーバ機能搭載、デバイス連携が可能に

なぜそう思うのかを考えるといくつか理由が見えてきたので、私なりに考えたことをまとめてみたいと思います。

理由1:Firefoxスマホの売りは「安さ」

2013年の話にはなりますが、Firefox OS搭載スマートフォンについてこのような記事がありました。

「Firefox OS」が狙う新興国のスマートフォン市場

実際にアメリカでも低価格スマホとして位置付けられていて、その価格は驚くほど安かったりします。米Amazonでの売れ筋端末を見てみると、低スペックだけど価格は安いものが多いです。

日本円にすると7000円〜8000円台で販売されています。当初から言われているターゲットとしては、こちらの方が正しい攻め方のように思えます。

Amazon.com / Firefox phone

Amazon.com / Firefox phone

ところが、今回発表した端末「Fx0」はハイエンドと位置付けられているため、一括価格で4万9680円という強気の価格。このアプローチは厳しいのでは・・・。

理由2:Androidには勝てない

同じ価格帯のものをざっと見てみるだけでも、Firefox端末が勝てるとは思えない競合揃いです。さらにこれらは並行輸入品で本来の価格よりも高い可能性があるという前提で考えると、勝負はより一層厳しくなってくると思われます。

Amazonで価格40,000円〜50,000円の間でメジャーどころの端末を見てみました。普通に良い端末がたくさん出てきますね。むしろこっちが欲しいです。

大人気!5インチ携帯電話・スマートフォン・スマホ  Sony Xperia Z1 L39h Android 4.2 Quad Core 2.2GHz 2GB RAM 16GB ROM 2070mps 1920×1080 Phone (パープル)

nexus5 16GB ブラック Google  LGD821 (EM01L) simフリー

Firefox OSの端末で致命的に弱いのは、アプリストアが充実していないということ。Firefox marketplaceをチラッと見てみました。

Firefox marketplace / ゲームカテゴリ

Firefox marketplace / ゲームカテゴリ

スマホで流行るか流行らないかを決めるのはやっぱりアプリの数だと思います。一番賑わっているはずのゲームカテゴリがこんな感じなので、地雷感が半端じゃないわけです。

買ったものの、アプリがほとんどなくて結局カメラとしてしか使っていません・・・みたいな状態になるのは避けたいところです。

理由3:au回線縛りがある

商売を抜きで出したという話ですが、auの回線に申し込む必要があります。・・・これって、ただ単に、ワイモバイルの端末がしょぼい阪なのではないでしょうか。

ギーク向けの端末ということなのですが、ギークというのはもっと自分で好きなようにカスタマイズしたいと思うのです。au回線というしばりが付くのは相当嫌がるのではないでしょうか。

月額3,800円ということでメイン利用を想定していると思いますが、そもそもFirefoxをメイン端末にしようとする人はいないはず。アプリの選択肢が少なすぎますので。

MNVOの回線やWi-Fi環境下で使ケースがほとんどなのではないでしょうか。

SIMフリー端末を単体で販売する方が売れるはず

この手のニッチな端末をギーク層に販売するのであれば、今までの端末と同じように売っていてはダメですね。自由度をできる限り高くして、カスタマイズ心をくすぐるというアプローチの方が良さそうです。スペックもいっその事さらに引き上げてしまうとかどうでしょうか。

せっかく吉岡徳仁氏を起用したのに、使い方がもったいないですね。もし私の周りに買う予定の人がいれば、また話を聞いて記事を更新したいと思います。

この記事をシェアする