今年は「予防医療」元年になる!?遺伝子検査サービスまとめ

年末年始のテレビ特番で、さんまとキムタクが遺伝子検査を受けて各々の特性を調べるというコーナーがありました。

昨年は多くの企業が遺伝子検査サービスに参入をしたことが記憶に新しいですが、芸能人が言及しはじめたことからいよいよ今年が本格普及の年になるのではないかと個人的には思っています。

私もちょうど遺伝子検査を受けてみようと各社のサービスを調べていたところでした。興味を持っている人は多くいると思いますので、各社の提供するサービスを一覧にまとめてみます。少しでも参考になればと思います。

遺伝子検査とは

DNAチップ研究所のWebサイトより抜粋します。

遺伝子診断(遺伝子検査、DNA検査ともいわれています)とは、それぞれの人が持って生まれた性質、つまりゲノムDNAの多型などを調べることで、何かの病気にかかりやすい素因を見つけたり、薬のアレルギー反応を予見したりすることです。それぞれの人に適した(言い換えると平均的でない)診断と手当てをすることによって、病気を未然に防ぎ、発病者にはその人に合った治療、投薬ができるようになります。たとえば遺伝子を調べて、糖尿病になりやすい素因があるということになれば、適切な生活指導を受けなければなりません。

誤解しがちなのは、医療行為ではないので当然保険も適用されません。予防医療という言葉が一緒に用いられることが多いのですが、医療行為ではないので要注意です。あくまで自己責任で、ということですね。

遺伝子検査サービス(総合)

一般的に認識されている遺伝子診断サービスはこちらのことを指します。病気のリスクなどを含めた総合的な検査をしてもらえるものがほとんどです。検査項目も多いのでかなりの情報がわかります。

MYCODE/DeNAライフサイエンス

DeNAが遺伝子診断サービスへ参入するということで話題になりましたよね。検査バリエーションも複数あって、価格も抑えめ。私もここのサービスを受けようか検討中です。

MYCODE

  • 価格:9,800円〜29,800円
  • 検査項目数:30〜280

GeneLife/ジェネシスヘルスケア

昔からサービスを提供しており、実績のあるサービスです。検査項目数が世界でも一番多く、一番お得感があるのはここだと思います。検査のバリエーションが豊富なのも特徴です。

GeneLife

  • 価格:5,980円〜29,800円
  • 検査項目数:1〜330

ゲノム解析キット/Yahoo!ヘルスケア HealthData Lab

ヤフーの提供する遺伝子検査サービスです。実際の解析業務は株式会社ジーンクエストにて行われます。検査項目数が多くて良いのですが、他のサービスに比べると価格がかなり高め。

遺伝子検査キット

  • 価格:49,800円
  • 検査項目数:290

DearGene/エバージーン

MTIの100%子会社であるエバージーンによるサービス。検査項目がかなり少なめなのと、Amazonの口コミでの評判が非常に悪いあたりが気になるところではあります・・・。

DearGene

  • 価格:28,000円
  • 検査項目数:26

Genequest/ジーンクエスト

スクリーンショット 2015-01-04 9.06.21

DNAチップを使った独自技術により、大規模解析を安価で提供できるとのこと。価格が49,800円と高いこともあるので、かなり際立った特徴がないと競合との争いから抜け出すのは難しいかもしれませんね。

Genequest

  • 価格:49,800円
  • 検査項目数:約200

遺伝子検査サービス(ダイエット用)

肥満になりやすい体質や筋肉のつきやすさといったダイエットに関する遺伝子検査など、特定の項目にしぼりこんだものです。その分価格が控えめで手軽に試してみやすいものが多いです。

遺伝子検査キット/オムロン

どういった原因で太ってしまいがちかを判定してくれ、そのためのエクササイズや生活改善の提案を行ってくれます。体組成計を組み合わせた提案があるというのはオムロンならではですね。

遺伝子検査ダイエット対策キット/DHC

これも同じく、どういう肥満タイプかを教えてくれるもの。サプリメントの効果的な摂取方法といった内容が提案に入りますがサプリメントは当然別に購入しないといけないので高くなるかもしれません。口コミを見る限り、あまり内容が充実しているとは言えなさそう。

遺伝子検査サービス(アルコール)

アルコールに対する強さや弱さ、どういったお酒に弱いのかといったタイプを 判定してくれるものです。検査結果がすぐ生活に活かせるものはこれかもしれません。

アルコール感受性遺伝子分析キット/GENOTYPIST

酔い方の傾向もわかるというのは嬉しいかも。下戸の人が本当に飲めないのかをチェックするという使い方も良さそうですよね。アルコール感受性に特化したキットは珍しいですね。ニーズはありそうです。

まとめ

現時点でこの遺伝子検査は全額自費負担です。ただし、増え続ける医療費を抑えるには予防医療の拡充であることは間違いないので、今後保険が適用されてもっと安価に検査を受けることができるようになるかもしれません。

それを待つのもありですが、個人的にはそれを待たずに検査をしておくほうが賢明だと思います。なぜなら遺伝的なリスクは早ければ早いほど根本的な対策を取りやすくなるからです。

有名な話ですが。アンジェリーナジョリーは遺伝子検査でがんになる可能性が高いことがわかり乳房を切除しました。がんになった後だと、手遅れですからね。

参考:アンジェリーナ・ジョリーに乳房切除を決断させた「遺伝子検査」でわかること 心臓病、糖尿病からアルツハイマー、薄毛の確率 編集部員が検査を受けてみた

私自身もこれらのサービスからどれかを選んで、遺伝子検査をしてみようと考えています。この検査で病気のリスクといった命に直接関わるものから太りやすさといったものまで、今後の生活を考えていく上でとても大切なデータを取れると思うと、検査費用が相当安く感じさえしますね。

そういうわけで、興味がある方は一度やってみてはどうでしょうか。私も実際にやってみて結果が出たら、また記事として書いてみたいと思います。