尾道と言えば千光寺と坂道だけ?実は商店街が相当おもしろいのです

▼この記事をシェアする

尾道といえば、千光寺・坂道・尾道ラーメンが頭に浮かびますが、それだけじゃないんです。

スポンサーリンク

尾道の商店街が面白い

天気が悪い日は千光寺に登っても景色がイマイチだったりするのですが、そういう時は商店街をぶらついてみましょう。実はいろんな雑貨屋さんやカフェがあって超おもしろいのです。

商店街はJR尾道駅から始まって、だいたい長江口までの間にたくさんお店が並んでいます。

尾道商店街の地図

尾道商店街の地図

その商店街にあるお店がまたいい味だしてるんですよ。例えば商店街の入り口近くにはこんな玩具やさん。

(思いっきり人が写ってますが、顔がわからないので大丈夫だと思います・・・)

おもちゃ屋さん

おもちゃ屋さん

途中にはカフェもたくさんあります。人気なのはやっぱり「やまねこカフェ」でしょうか。ご飯も美味しくて居心地いいのでついつい長居しちゃうんですよね。散策中にこんなカフェも見つけちゃいました。満席で入れなかったので次回チャレンジしてみたいです。

チャイダー

チャイダー

カフェだけじゃなくて、尾道ならではのおみやげもありますよ。有名なのはやっぱり尾道帆布でしょうか。あまり商品の入れ替えが頻繁に行われるわけではないんですが、来るたびについ寄ってしまっちゃうんですよね。

尾道帆布

尾道帆布

他にもまだたくさんあるんですよね。ガラス工房の「Bottega」さんもおすすめ。この日はお店が開いていなかったので写真はありませんが、中でも桜模様の入ったガラス細工は最高に美しいです。おみやげで買って帰ったら100%喜ばれます。保証します。

後はお腹が空いたら「どん吉」でガッツリと食べましょう。味もボリュームも最高の定食屋さんです。朱華園なんてメジャーなお店に行ってはいけませんよ。通はここで食べるのです。

「大和湯」は必ず立ち寄りましょう

尾道に来たら、必ず立ち寄って欲しいお店です。銭湯だったお店を改造したカフェ兼雑貨屋さん。銭湯の名残を残しつつもどこか新しい外観と店内は一件の価値ありですよ。シブすぎでしょう。

大和湯の正面

大和湯の正面

店内には雑貨や地元の名産品を使った食べ物がたくさん。私が超おすすめしているふるさとレモンも販売しています。

参考:寝起きや風呂上りに飲むと最高。瀬戸田のレモンを使った「ふるさとレモン」が超美味い!

広島土産には、もみじ饅頭ではなくてこういうものを買って帰ると通っぽくて良いですね。

名産品がたくさん

名産品がたくさん

「尾道浪漫珈琲」も忘れずに

この珈琲店も商店街を歩いていると目をひきます。店内は喫茶店スペースと珈琲の販売スペースがあります。後からブログ記事としても書きたいと思っていますが、ここの珈琲がまたコクがあって美味しいんですよ。おみやげにピッタリです。

尾道浪漫珈琲

尾道浪漫珈琲

あの有名なゲストハウスもある

空き家本でおなじみ「つるけんたろう」さんの手がけた「あなごのねどこ」や「あくびカフェ」も商店街の中にあります。歩いているとひときわ目立つので、観光客がみんな写真を撮っていってます。

参考:居場所は自分で作る!マンガ「0円で空き家をもらって東京脱出!」から生き方のヒントを学ぶ

こちらはあくびカフェの看板。

あくびカフェ

あくびカフェ

その隣はあなごのねどこ。建物は一緒みたいですね。めちゃくちゃ泊まってみたい!

あなごのねどこ

あなごのねどこ

福屋のお土産コーナーがすごい

商店街を楽しむあまりお土産を買い忘れた!となっても大丈夫です。駅前にある福屋の地下にあるお土産コーナーの充実っぷりがすごいのです。JRの駅にあるお土産コーナーよりもマニアックなものを売っていたりするのであなどれません。

ちなみにこの「猫豆」なる豆、地元の人らしきおばあちゃんが大量買いしてました。相当美味しいんだと思います。今になって買っておけばよかったとかなり後悔してます。。。

猫豆

猫豆

まとめ

結論、尾道の商店街は面白い!

ずらーっと書いてみましたが、食べ物もお土産もたくさんあって、何より見ていて楽しくなるお店が多いんです。なので尾道に来た時は山やしまなみ海道をチェックするのと一緒にこの商店街も散策して楽しんでもらえたらと思います。

(2016/1/2追記)関連情報

尾道ネタを少し追加しています。こちらも合わせてどうぞ。

尾道に来たら必ず行こう!超おしゃれスポット「ONOMICHI U2」が素敵すぎる。

中には懐かしアイテムも?尾道に来たら立ち寄りたいお店たち

車で移動できる人は、鞆の浦もオススメですよ。

初夏を感じる日差しの中、「流星ワゴン」忠さんの故郷「鞆の浦」を散策してみた

スポンサーリンク