本当に家って必要?フラット35の金利値下がりを契機に生活スタイルを再考すべきだと思う

定期的にチェックしているブログサイトに気になる記事がありました。

住宅購入優遇策につられて家を購入する必要はありません

私自身も「そろそろ家を買うべきなのかなぁ」と情報を必死に集めているわけですが、集めれば集めるほど「家を買う」ということに対して疑問を抱くようになってきたのですよね。

資産>負債になることはほとんどない

買った人が確実に言う言葉。それは「資産になるから」というもの。この言葉の意味をきちんと考えている人って少ないと思うんですよね。資産としての価値は自分が決めるものではなく、市場が決めます。つまり、買う人が何円で買いたいというかが重要ということなんです。

私達の祖父祖母や両親の時代は住宅の値段が上がっていたので良かったのですが、今の日本は人口減少に伴い空き家も増えています。東京も例外ではなく、郊外ではどんどん空き家が増えています。例えば多摩地区や武蔵村山といったあたりでも、格安の中古一戸建てがあったりしますからね。そういう時代になったということです。

買った水準の価格で売れるとすれば、駅近にある物件や都心部の物件ですね。とはいえみんながみんなそういう物件を持っているはずもなく、結果的に資産としての価値はローンの金額よりもずっと下になるというのが普通の流れですね。

なぜ家を「買う」のか

一つは上に書いた「家は資産になる」という話です。あとは「その場所で働き、その土地に住み続けたい」ということが理由になる場合もあると思います。気持ちは分かります。私も広島住んで広島で働けたら最高だなとよく思います。でも、これって違うんじゃないかと最近よく考えるようになりました。

愛着があるのは土地ではなくて、その場所で過ごした人達に対してであって、場所に対してではない。実家に帰ると落ち着くのは、やっぱり家族や地元の友だちといった「人」との繋がりを意識するからだと思うのです。

家族で賃貸に住みつづけている場合を想像するとわかると思います。別に持ち家でなくても落ち着くと思うんですよね。親密な繋がりが維持できれば、地元っていうもの自体あまり重要ではないのではないでしょうか。

環境を変え易くなってきた

そうなると地元の持ち家を引き払って、住みやすい街にみんなで賃貸暮らしというライフスタイルも選択肢として出てきてもおかしくないと思います。例えば、父と母が地元で二人暮らしをしている場合を想定します。そういう場合は、家族みんなで暮らすような大きな家に住むよりも、そこそこのスペースがあるマンションの方がずっと生活しやすいはず。(マンションならではのルールとか多少息苦しくなる部分はあると思いますが。)

その便利さをあまり必要としないようであれば、田舎に格安で物件を借りて生活すればいいんです。そして体調を崩したり何かあった場合は、また戻ってくればいい。そういった生活環境を変えることは当たり前になってきているし、昔よりもずいぶんとやりやすくなってきたと思います。その「変化のしやすさ」を選ばず「変わらないこと」を選ぶことは、本当にもったいないことなんじゃないでしょうか。

一番の問題は「仕事が無くなる」こと

ただ、重大な課題も残っています。多くの場合、環境を変えると仕事が無くなってしまうのです。若い人であれば転職ですぐに仕事を見つけることができると思いますが、ある程度の年齢になると仕事を見つけることが非常に難しくなってきます。

例えば、飲食店や地元に密着した工務店のような業態だと、環境を変える=仕事がなくなるということになってしまう場合がほとんどだと思うのです。ここは今後の日本社会をどう作っていくかの一番の課題となってきそうですね。。。

じゃあ、どうするのが良いか?

個人的に一番良いと思うのは、「安めの賃貸に住んで様子を見る」ことです。2020年には人口が減少しはじめていると言われている状態で、多額の負債を抱えてまで生活の自由度を下げることは自殺行為だと思っています。今の時代、家を買うことは大きなリスクなんですよね。

先日、フラット35の金利が下がったという話がありましたが、これは「家が売れない」からです。金利の推移を見てみるとその下落傾向は一目瞭然ですが、ここまで下がるというのは相当戸建ての必要性が下がってきていることの裏返しだと思います。

デザイン工房雅(http://www.dkmiyabi.jp/cad/riritu9.html)より

デザイン工房雅(http://www.dkmiyabi.jp/cad/riritu9.html)より

こうなってくると、新築物件の販売にはあまり力をいれず、賃貸物件でいかに多くの人に入居をしてもらうかというアプローチが主力になってくるんじゃないかなと。まだまだ空き家は増えていくので、そちらの方が効率的ですよね。

これからの時代、ますます「コンパクトさ」や「柔軟さ」が求められると個人的には思っています。なので「金利が安いから」とマンションや戸建ての購入を考えている人は、今一度自分のライフスタイルがどうなっていくんだろう?ということをしっかり考えた上で判断することをおすすめします。

スポンサーリンク