リーバイスの14年11月期決算は前期に続いて赤字。ジーンズ業界、大丈夫なんだろうか?

▼この記事をシェアする

levis_website_top

不景気.comをチェックしていたら、リーバイスの決算内容が目に留まりました。

リーバイスの14年11月期は純損益10.34億円の赤字継続

結構赤字が続いている上、売上がずっと下がり続けているようなので、かなり心配になりました。

ここ数年間は純損失が出続けている

Levi’sのWebサイトからピックアップしてみました。売上高はここ数年横ばいが続いていますが、経常利益と純利益が赤字基調なのがマズイですよね・・・。

参考:「営業利益」「経常利益」「純利益」の違いって?

levis_website_ir

さらに前の年もチェックしてみた

売上が好調だった頃はどうだったんだろうと思って調べてみました。ソースはIR資料ですので、Webサイトに行けばすぐダウンロードできます。見る限り、売上の減少がすごいことになってます。昔はCMもたくさん出していたのになぁ・・・。

levis_revenue_pastyears

商社の子会社になるのが得策なのかも

ジーンズ自体の単価下落というのもありますが、そもそもジーンズを履く人が減ってきているのが大きいのかなと思っています。私の周りでもジーンズを頻繁に履く人は減ってますからねぇ。。。最近だとデニムルックのパンツがあったりするので、それで十分なんですよね。

去年のものですが、こんな記事もありました。

ショップ店員「デニムは臭そう」不人気の裏にある現場の空気

「まず、最近の若者ってジーンズをいてないですよね。ここんところずっと、ぜんぜん流行ってないです」(33歳、男性、某セレクトショップ勤務)
「とはいえ、デニムシャツとかデニムジャケットとかは着てるんですよ。でも、確かにジーンズは微妙ですね。まぁ、普通に、パンツの1アイテムとして使ったりはしますけど、チノパンや軍パンの方が、ずっと使い勝手がいいでしょう。僕らが高校生のころにいたような、年がら年中ジーンズを穿いている人ってのは、あまり想像できない」(29歳、男性、某国内ブランド勤務)

やっぱりジーンズ一本足打法って。今の時代には厳しいんでしょうね。ユニクロ、ZARA、H&MのようなSPAでもそこそこの品質のジーンズが作れちゃいますし、ユニクロなんかはジーンズの老舗カイハラと提携して、かなりイケてるジーンズを作ってますし。

なので個人的にはエドウィンが伊藤忠の子会社となったように、どこか大手の商社であったり大手ブランドの子会社になるのが一番良いと思います。ブランドとしてのLevi’sはまだ生きていますが、このまま売上が縮小していくと日本市場撤退ということになって、日本の中でのLevi’sは終わってしまう可能性も出てきます。


Levi’s 501 12.5oz セルビッジ デニム ジーンズ ボタンフライ 31inch

昔はこういうジーンズを買ってたなぁ・・・。今はこういうデニムルックパンツも見栄えが良くなってきたから、断然こっちになっちゃうんですよね。

ZARAあたりでLevi’sブランドのジーンズを低価格で出すのもありだと思うんですよね・・・どうなんでしょう。

スポンサーリンク