【いくつ知ってる?】映画を観るときに使うべき割引サービスまとめ

使わないと損ですよ!

映画料金は地味に高い

大きなスクリーンで観られるとはいえ、1回1800円ってちょっと高いですよね。広告収入(映画の予告編)も入れてあの値段ですからね。

3D作品でも見ようものなら2200円+3Dグラス料金。フードやドリンクを買うとあっという間に3000円。これならプライムビデオで十分かなぁってなりますよねぇ。

映画は割引料金で観よう

かくいう私も映画好きで月に2本くらいのペースで観ていますが、映画館の割引サービスを上手く使えば意外と安く抑えられることが分かってきました。

今回は私がよく使う映画館や大型映画館で実施されている割引サービスについてまとめてみました。料金割引やポイント付与など内容は様々。ぜひ参考にしてみてください。

映画館の割引サービス

全国に展開する主要な映画館ほとんどで、特定の曜日・日に割引サービスを実施しています。また、夫婦や一定の年齢以上だと安くなるサービスを行っている映画館もあります。

映画館 割引 内容
TOHOシネマズ 日付/曜日割
  • 毎月1日:1,100円
  • 毎週水曜日:女性は1,100円
  • 毎月14日:1,100円
  • 12月1日(映画の日):1,000円
その他
  • 60歳以上の方:1,100円
  • 50歳以上の夫婦:2枚2,200円
イオンシネマ 日付/曜日割
  • 毎月1日:1,100円
  • 平日朝:初回上映作品1,300円
  • 毎日20時以降:1,300円
  • 毎週月曜日:1,100円
  • 20日30日:イオンカード提示で1,100円
その他
  • 55歳以上の方:1,100円
ピカデリー(新宿/丸の内)  日付/曜日割
  • 毎月1日:1,100円
  • 毎週水曜日:女性は1,100円
  • 12月1日(映画の日):1,000円
 その他
  • 50歳以上の夫婦:2枚2,600円
東劇  日付/曜日割
  • 毎月1日:1,100円
  • 毎週水曜日:女性は1,100円
  • 12月1日(映画の日):1,000円
その他
  • 50歳以上の夫婦:2枚2,600円
  • 歌舞伎会カード:1,300円
 Movix 日付/曜日割
  • 毎月1日:1,100円
  • 平日朝:初回上映作品1,300円
  • 毎日20時以降:1,300円
  • 毎月20日:1,100円
  • 毎週水曜日:女性は1,100円
  • 12月1日(映画の日):1,000円
 その他
  • 60歳以上の方:1,100円
  • 50歳以上の夫婦:2枚2,200円

ポイント利用で安く観る

▼楽天ポイント

TOHOシネマズとユナイテッドシネマに限定されますが、支払いの際に楽天ポイントを使うことができます。映画館の曜日割と組み合わせれば実質0円で映画を観ることも可能。

手っ取り早くポイントを稼ごうと思ったら、楽天カードの入会ポイントを狙うのが一番です。5000ポイント貰えるので、最大で約5回分の映画が無料で観られます。

普段のショッピングでもポイント倍率アップのキャンペーンを狙えば、ポイントはさらに貯まります。具体的なやりかたは別の記事にまとめてみたので参考にしてみてください。

クレジットカードを上手く使ってポイントを大量に稼ぐコツ

▼U-NEXT

こちらはちょっとした裏技。U-NEXTに無料体験登録をすると500ポイントが貰えるので、そのポイントを支払いの際に使うというもの。500円分の割引とはいえ嬉しいですよね。

無料体験なので、もちろん期間中はネット動画は見放題。なので、観たい映画を見つけたら会員登録をして、映画を見た後の無料体験期間ギリギリで解約するという方法が最強だと思います。(あまり強くは言えませんが)

ちなみにU-NEXTのポイントが使えるのはKINEZOに対応しているバルト9とT・ジョイだけ。関東近郊の人であれば特に問題はないかと思いますが、地方の人は対象の映画館が遠いかもしれないのでご注意を。

複数の映画館を使うと効果的

私がよく利用するのはイオンシネマとTOHOシネマズ。2つの映画館を併用することで、通常の特定曜日・日割に加えてイオンカードの割引もあるため、月に8〜9日は1100円で観ることができるんですよ。

ふと「今日、仕事終わりに映画観たいな」と思ったときにチケットが安く買えるのも大きい。月に3〜4回観たとしても5000円いきません。映画鑑賞を趣味とするのも良さそうですね。

eiga-discount-service