DMM.comが世界初の「ロボットキャリア事業」をスタート!

▼この記事をシェアする

DMM.comの勢いが全く衰えません。

DMMがロボット関連事業に参入–“キャリア”となり、2017年「売上100億円」めざす

最初は「え、何で?」という風に思いましたが、この辺りを読むと今までの戦略がどういう風に繋がってくるのかが分かってきます。

同時に、ロボット製造メーカー、ロボットテクノロジメーカー、ロボット開発ベンチャーなどの企業をDMM.make ROBOTSに集め、DMM.comが2014年末に開設した、ハードウェア開発に必要な機材を取りそろえたシェアスペース「DMM.make AKIBA」と連携させることで、“場所と技術の共有”によるロボット産業の脱ガラパゴス化を図る。

 「DMM.make ROBOTS」に最新情報が掲載中

公式webサイトも既にオープンしています。ロボットの予約受付は4/1からなのでしばらく先になりますが、最新情報はこのサイトかメルマガでチェックすることができます。

個人的には「BOCCO」が気になるので、早速メールアドレスの登録をしてみました。

dmmmake_robots_top1

5種類のロボットが販売予定

公式サイトに掲載されている通り、4/1から5種類のロボットが販売される予定となっています。価格はBOCCOの29,800円からPalmiの298,000円まで。

2015/2に発売が予定されているPepperの価格からすると、若干お高めのような気がしますね。

「Robi」ディアゴスティーニで販売されているので知っている人は多いかもしれません。ただ、ディアゴスティーニだと総額が100,000円を超えます(笑)

DMMで販売される分は組み立て済みなので、それよりは安く提供されると思います。組み立てが苦手な人は、そちらが販売されるまでもう少しの辛抱です。

企業が続々とロボット事業に参入

なんとブイキューブまで。ただこちらは人型ロボットではなく、ドローンを使います。

ブイキューブがロボット事業に参入–ドローン使ってインフラ点検や災害確認

いずれにせよ2015年はこのロボット分野が相当盛り上がってきそうですね。ロボットが一家に一台という日も、意外と近いのかもしれません。

スポンサーリンク