スカイマークが民事再生法の申請へ…証券アナリストの予想が見事に外れる

▼この記事をシェアする

倒産が懸念されていたスカイマークがついに民事再生法の申請に動くようです。

スカイマーク民事再生法申請へ 運航は継続

また、世界最大の旅客機を購入する契約の見直しを巡って、去年、ヨーロッパのエアバスから巨額の違約金を要求されるなど厳しい経営が続いていました。
最近では、全日空と日本航空のライバル大手2社との共同運航を目指すという航空業界では異例の交渉を進めていましたが、その実現を待たずに経営が行き詰まりました。

やっぱりこれですよねぇ。エアバスへの違約金支払いのしばらく前からちょっと迷走してる感があったので、いつ赤字転落してもおかしくない雰囲気ではありました。ミニスカのフライトアテンダントで話題になったのも今となっては全くPR効果なしでしたね・・・。

3月1日には上場廃止へ

民事再生の発表があった数時間後、上場廃止の発表もありました。これは通常の流れですが、まだマーケットには反映されていないようですね。そりゃあ突然の発表ですもんね。

スカイマーク株、3月1日上場廃止=東証

株価のチャートは穏やかなもんです。むしろなぜこの状況で株価を維持できていたのかが不思議なくらいです。ちなみにこれは1/28引け時点の株価チャート。

skymark_finance_stock

証券アナリストの株価予想は意味がない

知っている人は知っていますが、株価の予想という点で、アナリストの予想は全く意味がないわけですよ。株価予想の予想一覧からピックアップしたものがこちら。

yahoofinance_yosou_skymark

やっちゃいましたね。個人投資家もこれに懲りて自分で調べるようになればいいのですが、不思議とまた信じてしまう人が出てくるんですよね・・・。

JALの時はどういう株価推移だったか

すでに再上場を果たしているので過去の情報が少ないので、StockWeatherに少しだけ情報が残っていました。民事再生法を出した後に速攻で1円に転落しています。スカイマークもこの流れになることはほぼ間違いないでしょう。本日の場が開いたらとんでもないことになりそうでね。

jal_old_stock

Twitterでも話題に

見事なナイアガラ。「スカイマーク PTS」で検索するといろいろ出てきます。今日あたり、全力2階建でも取り上げられると思われます。

スカイマークの路線をJALやANAが引き継ぐ可能性があるので、これらの株価が一時的にあがるかもしれませんね。とはいえこの2社も自社の経営で手一杯だと思うので、期待しすぎは禁物ですが…。くれぐれも株の取引は自己責任で。

スポンサーリンク