グルーポンやポンパレで”損をしない”ために抑えるべき3つのポイント

定価より安く購入できるクーポンサービス。有名どころで「グルーポン」や「ポンパレ」といったサイトがありますが、実際にクーポンを買う時はどうやって買っていますか?

目についたクーポンを手当たり次第買っているだけだと、結局無駄遣いになってしまいクーポンを買ったのに”損”をしてしまうことになります。

そういうわけで今回はこれらのサイトで「確実にお得なクーポン」を買うためのチェック方法を紹介したいと思います。私もこれを意識するようになってからは、余計なクーポンは買わなくなりました。

本当にお得なクーポンは数少ない

これはクーポンの特性でもあると思うのですが、本当に利用者にとってお得なクーポンであれば、その分販売元が自腹を切っているということ。

そういう素晴らしい販売元もいれば、人気がなくて客が来ない(もしくは売れない)商品なので激安にしてもいいからとにかく人を集めたいという販売元もいます。

一般的には人気がなくても好きな人は好き、というなジャンルのものはたまに掘り出し物があります。例えば私がオススメしている陶芸教室のクーポンなどはそれに該当すると思います。

参考:グルーポンで買う「陶芸教室」のクーポンが超おすすめ

ただ、それに出会うのは「運」でしかないので、普段使いのクーポンで出来るだけハズレくじを引かないように気をつけていく必要があるのです。そのためのポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

ポイント1:定価が決まっているものを狙う

これは鉄則です。例えばマックカードや商品券など、定価がハッキリと決まっているものだと、たとえ10%の割引だとしても絶対に損はしません。クレジットカード払いをすればその分のポイントも加算されますし。

気をつけることと言えば、実際にその商品券が使える店舗が近くにあるかという1点のみでしょう。これさえ問題なければ迷わず買いましょう。

ポイント2: 他の販売サイトでも確認する

これも重要です。商品であれば、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどで販売しているか。飲食店やサロンであればそのホームページをチェックして、本当に定価がその価格なのかを確認しましょう。

どこにも販売した形跡がないのに「50%OFF!!」というクーポン、たまにあるんですよね。こういうものは買わないように注意しましょう。私自身、昔◯ikuというクーポンサイトで失敗した苦い記憶があります・・・。

ポイント3:失敗しても良いと思える激安クーポンを狙う

この方法はできるだけ使わない方が安全ではありますが・・・。「これは欲しい!」と思うクーポンがあったら、割引率を見てみましょう。70%OFFや80%OFFであれば、元の値段が少々高くても相当安くなっているはず。

このくらいの金額であれば失敗しても良いと思える金額であれば、思い切って買ってしまうのもありだと思います。私自身も陶芸教室のクーポンをはじめて買った時はこのアプローチで買いました。結果的には成功しましたが、まあ博打ですよねw

まとめ

ポイントを守ってクーポンを買えば、無駄遣いをする回数も減りますし、「買わなきゃ良かった」と思うようなクーポンに出会う確立も断然下がります。もし気になるクーポンを見つけたら、都度確認して本当にお得なクーポンを見つけましょう。