災害対応エキスパートの知見がつまった「災害初動期指揮心得」が素晴らしすぎる。これが無料で読めるとは。

▼この記事をシェアする

これは必ずダウンロードしておきましょう。

災害時に「どう動くか?」の行動指針

国土交通省が発行しているだけあって、かなり本気の内容になっています。東日本大震災の頃に経験したことを多くの人に知ってほしいという強い想いがあったのでしょう。

book_saigaisyodouki_top

Amazonの内容説明がわかりやすいので引用します。この内容を今後にどう活かすことができるか、読んだ私たち一人一人が考えていかないといけないのです。

本書は、東北地方整備局が、過酷な災害対応を行った実体験に基づき、首都直下や東海・東南海・南海地震の発生が切迫する中、これに直面するであろう地方整備局の各クラスの指揮官の行動規範となる具体の指針を整理した内部資料であり、次の意図を持ってとりまとめられています。

1.東日本大震災を実体験した者にしかわからない「経験知」を、関係者共通のものとすること。
2.防災計画に沿った復旧・復興が軌道に乗るまでの、シナリオのない、最もシビアな決断を迫られる最初の1週間を乗り切るための指針となること。
3.想定される首都直下や東海・東南海・南海地震などの大規模災害に対して、地方整備局の各クラスの指揮官が心得ておくべき指針としてとりまとめること。

東日本大震災では、過去の災害を研究し、考案し、訓練した事だけしか、実際の役には立ちませんでした。しかしながら、災害の様相は毎回異なっています。過去の教訓に精通した上で、これを超越し、自由自在に「応用」してこそ、将来の大災害に対応できます。「備えていたことしか、役には立たなかった。備えていただけでは、十分ではなかった。」「備え、しかる後にこれを超越してほしい。」これが、東日本大震災を実体験した私たちが伝えたい教訓です。

「改善点」が本書の一番使える部分

この本自体は非常に優れたマニュアルだと思いますが、それを次に活かすために一番使える部分は各パートの最後にある「改善点」だと思います。実際にマニュアルに沿ってやってみた結果どうだったか、この改善点を次に活かすことこそが非常に重要なんですよね。

book_saigaisyodouki_kaizen1

book_saigaisyodouki_kaizen2

これだけ多くの改善点を見つけることは、普通の災害だと到底できることではありません。過去に無い規模の災害であるからこそ、これだけの改善点を出すことができたのでしょう。被災者のためにも、これを次に活かすのは私たちの役目なのでしょうね。

次の災害が起こる前に読んでおこう

とにかくダウンロードして読んでおきましょう。またいつ大地震が起こるとも限りません。そういうときに、東日本大震災の知見と次への改善点が頭に入っているだけでも、犠牲になる人数を減らすことができるのではないでしょうか。

決して楽しい話でも読みやすい内容でもありません。でも、読んでおくべき内容がぎっしり詰まっています。今このタイミングで読むからこそ価値のある本です。

スポンサーリンク