確定申告をe-taxするための必需品。ICカードリーダーは売り切れる前買っておこう!

▼この記事をシェアする

平成26年分の確定申告手続きが2/16から始まる

h26_tax_top

今年も確定申告の季節がやって来ました。従来のように税務署での手続きではなくe-taxで申告手続きを済ませる人も増えています。「今年はe-taxでやってみようかな」と考えている人も多いのではないでしょうか。

ところがこのe-tax、使うまでに準備することが意外と多いのです。そのうちの一つが「ICカードリーダーの準備」。これからの時期、人気機種は売り切れるものも出てくるので、そうなる前に早めに買っておくことをお勧めします。

e-Taxをはじめる際に必要なもの

事前準備の方法や実際の使い方については、特設サイトに細かく描いてあるのでそちらをご覧ください。そのうち事前準備の部分をピックアップしてみます。

h26_etax_top

利用環境としてPCの準備などがありますが、もちろんPCがない人がe-Taxを使おうと思わないと思うので、このあたりは割愛。証明書の取得についても、上記のサイトに詳しく説明があるのでそちらをご参照ください。

個人認証用として検証済みのICカードリーダライタ

では、どのICカードリーダライタを使えばいいのか?という話になってきますが、実は「公的個人認証サービス 適合性検証ICカードリーダライタ」なる機器一覧が公開されています。要するに公的な申請に使える機器はこれですよ、ということ。

ic_card_readerwriter

じゃあこれから探せばいいね・・・と思いきや、超見辛い!国の作る資料はなんでここまで見辛いのか。。。e-Taxを断念しかねないレベル。

ということで対応済みの製品から、人気商品を個人的にピックアップしてみました。口コミではありますが、Macでも使えるものもあったのでご安心を。

CLOUD2700

人気No.1らしい。確かに見た目も綺麗だしコンパクト。ただしMac対応かどうかが怪しいです。Windowsマシンの人ならこれを買うのが良さそうです。

Gemalto

これもかなり売れてます。口コミ件数も多いので、初めて使う人にとっても参考になる情報がたくさんありそうです。残念ながらMacは対応してなさそうですね・・・。

SCR3310

発売日はかなり前になりますが、Macも対応していることからか安定して売れ続けているようです。見た目がダサいですが、グッと我慢して使いましょうw

アプリやサービスを使うと確定申告が一層楽に

手続きで一番面倒な「税務署に行って、用紙に必要事項を手で書く」ことはe-Taxを使うことでクリアできます。一度やってしまえば来年からはかなり楽にできちゃうでしょう。

あとは、申請手続き前の準備の時間も短縮すれば完璧です。このあたりは無料のサービスやアプリがたくさん出ているので、これらをうまく組み合わせて使うことをおすすめします。

この「マネーフォワード」という家計簿ツール、本当に便利なので一度使ってみてください。確定申告の手続きにも使える機能が満載です。

▼詳細情報をチェック▼


資産管理ツールのマネーフォワード

サラリーマンの人も確定申告をしないと、ふるさと納税の控除が適用されないまま(納付した分損するだけ)になってしまうので、こちらもお忘れなく。

スポンサーリンク