楽天グループのチケットスターで他人の登録情報が閲覧できてしまう障害が発生。

▼この記事をシェアする

rakuten_ticket_top

楽天グループのチケットスターで、マイページに行くと他人の情報が見えてしまうという障害が発生したようです。障害というよりただのヒューマンエラーですね・・・。

データベースのテーブル構造を変更しようと思ったのかわかりませんが、本番環境とステージング環境でそれぞれ確認しなかったのかという点と、楽天グループでこのようなミスが発生するというのはちょっと怖いですね。グループ企業が多すぎて目が行き届かなくなっているのでしょう。

関連するチケット販売は全て停止中

仙台エイティナイナーズを始めとするチケット販売サイトは軒並み停止中。影響した可能性のある人数は169名ということなので数は少ないですが、スポーツ観戦チケットばかりなので、見ている人は結構いると思うんですよね・・・。

sendai_89ers_top

楽天チケットには販売再開のお知らせも

こちらにはチケット販売を再開するとの掲載がありましたので、他のチケット販売サイトでも順次変えるようになっていくと思われます。

rakuten_ticket_recovery

登録情報の見直しをしておきましょう

こういう人為的なミスになると、ユーザーである私たちにできることはほとんどありません。できることと言えば、電話番号を携帯番号ではなくいつでも解約できるIP電話の番号にしておくことをおすすめします。

また、メールアドレスも拡張メールアドレスにしておけば、基本的に情報が漏れても被害は減らすことができます。拡張メールアドレスというのはGmailだけの機能で、これは必ず使った方が良いです。超便利ですよ。

参考:Gmail でサブ メール アドレスを増やす3つの方法(拡張メールアドレスとか)

また、IP電話番号を取得するにはSmartalkが基本料無料なのでおすすめ。こちらは別で記事を書いているので、ぜひ参考にして下さい。個人情報登録の際は、出来る限りメインの連絡先を登録しないというのを意識すると良いでしょう。

参考:IP電話「FUSION IP-Phone SMART」で050番号を取っておくと何かと便利

スポンサーリンク