東京都内の各区が提供する「自転車シェアリング」サービスまとめ

東京都が4つの区と自転車シェアリングの「基本協定」を締結したと発表がありました。現在対象となる区は江東区、千代田区、港区、中央区の4区だけですが、これから参加する区はどんどん増えていくと思われます。自転車用の道路整備もこれから進んでいくでしょう。

今回紹介する自転車シェアリングですが、金額も抑えられるし便利です。移動手段に困った時の選択肢として自転車シェアリングを使うというのは、全然ありだと思います。仕事、プライベートどちらでも使えますしね。

そういうことで、自分の最寄り駅やよく行く区で自転車シェアリングを行っているかどうかをまずはチェックしてみることをおすすめします。

シェアリングを使うメリット

シェアリングを使う最大のメリットは、区内のステーションであればどこでもレンタル・返却ができるということ。レンタルサービスで一番困るのは、乗り捨てができないこと。「帰りはバスで移動したい」「移動先の最寄り駅から電車で帰りたい」という状況は、普通に起きそうですよね。

自転車シェアリングまとめ

区が提供しているシェアリングサービスをまとめてみます。新しく始める区が出てきたら、その都度追加したいと思います。

港区自転車シェアリング

minatoku_cycle_shareing

千代田区ちよくる

chiyodaku_chiyokuru

江東区

koutouku_cycle_sharing

他の区も開始準備中

この取り組みは早いうちから注目されており、今後は中央区や大田区でも導入を予定しているとのこと。

都心で「シェアサイクル」拡大 “第三の公共交通”として定着できるか

東京オリンピックに向けて都心の整備が進むに合わせて、シェアサイクルの導入と自転車用の道路整備が一気に加速していきそうです。これが広まれば、休みの日に出かける場所のバリエーションが増えて、お出かけが楽しくなるかも?楽しみですね。

スポンサーリンク