こてつのブログ

家電・ガジェットレビューをメインに役立つ情報をお届けします。

読書・マンガ

マンガ「散歩もの」が教えてくれる、散歩の素晴らしさ。

投稿日:

久住昌之の書くマンガは、日常生活をそのまま抜き出したものが多くて飽きないんですよね。この「散歩もの」もその一冊です。

sanpomono_top

ただの散歩、されど散歩

本の内容は以下の通りで、普通のサラリーマンがただただ散歩をするマンガです(笑)

文具メーカー勤務のサラリーマン・上野原が、勤務中や休日に歩いた都内の風景の数々。北品川、目白、吉祥寺、井の頭公園…。ふと目にとまった出来事を淡々と描くことが、ここまで上質な人間ドラマを生み出した。「孤独のグルメ」の黄金コンビが贈る、極上のエッセイ風コミック。

これだけを読むとつまらなさそうですが、主人公の散歩中、目に入ってくる昔ながらの風景や町の様子がとっても生活感があって魅力的なんですよ。ただの散歩と侮る事なかれ。

歩くからこその発見がたくさんある

これは品川での打ち合わせ帰りに散歩で立ち寄った北品川の様子。目的を決めずにぶらぶら歩くのが散歩だと主人公が言っているように、場所で良い雰囲気の町やお店に偶然出会うことがきるというのも散歩の醍醐味でしょう。

sanpomono_1

こういったしみじみとする場面もあったり。古き良き町並みが消えて行くのは寂しいですよね・・・。こういうことをふと考えさせられるのも、散歩の素晴らしいところです。

sanpomono_2

久住 昌之といえば「グルメ」

一部で絶大な人気を誇る「孤独のグルメ」のエッセンスもバッチリ入ってますよ。「急に腹が減る」というセリフは、お店に入る前の決まり文句なのです。

sanpomono_3

ここに出てくるカレー、これがまた美味しそうなんですよ。ハーモニカ横丁というマニアックな場所なのもまた良い感じ。ちなみにこのカレー屋さんの店名は「ガネーシャ」。今はもうお店をやっていないらしい。残念すぎる・・・。

sanpomono_4

散歩って、素晴らしい!

このマンガを読みながら思ったのが、住んでいる町にも行ったことや見たことがないものがたくさんあるだろうなということ。もちろん、会社の近くや出張先、旅行先もそう。

大切なのは、交通機関を使わずにあえて歩いてみるということ。普段気にしていなかったものや見落としていたものが、ふと目にとまるようになるのでしょう。この偶然の出会いこそが、散歩の醍醐味ですよね。

全1冊なので気軽に読めちゃいます。そろそろ散歩が気持ちいい季節なので、まさにうってつけのマンガですね。ぜひチェックしておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でこてつをフォローしよう!

-読書・マンガ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

疲れ果てるまで働き、お金で「感動」や「楽しさ」を買う。それって「自由な人生」ですか?

昔に比べて、収入よりも自由を選ぶ人が増えてきています。この本を書いた高坂さんもその一人。自由を取り戻すためにあえて収入を減らす生き方は、これからのスタンダードになっていくかもしれませんね。 減速して自 …

うすた京介の新連載マンガ「フードファイタータベル」が面白すぎる!

こんばんは、@TEPKODEです。 新作マンガで面白そうなのがないか調べていたのですが、何とあの「うすた京介」の名前が入った新作があるじゃないですか! フードファイタータベル 1 (ジャンプコミックス …

犬の殺処分ゼロのため描かれた絵本「ある犬のおはなし」が待望の書籍化。11/24から発売開始。

http://www.twovirgins.jp/news/2015/10/22/sns SNSでも話題になった、Kaiseiさんによる手作り絵本「ある犬のおはなし」が一冊の本になりました。 犬の殺処 …

「ワーク・シフト」を読んで自分の働き方を再設計しよう

最近になって『ノマド』や『フリーランス』という形態で働く人が増えてきました。スターバックスといったカフェでもよく仕事をしている人を見かけますよね。 そういった「働き方の変化」がインターネット上で取り上 …

仕事人間の会社員は「ちょっと今から仕事やめてくる」を読んで目を覚ますべき。

仕事というより「会社」に対して妙な責任感を背負っている人、多いですよね。はっきり言って、もうそんな時代ではないんですよ…。 ブラック企業に勤める会社員の苦悩を描くストーリー あらすじにもある通り、主人 …

こてつ(@tepkode

広島生まれ。岡山在住のサラリーマンブロガー。ガジェット・Web・アプリなどITモノをメインに、時事ネタやオピニオン発信などを行っています。プロフィール詳細や各種お問い合わせはこちらまで。