楽天モバイルがMVNOサービスを提供開始。音声通話付きで1250円は現時点で最安か?

▼この記事をシェアする

MNVOサービスの価格競争が一段と激しくなっています。楽天モバイルが業界最安のデータSIMを投入とのこと。

楽天モバイル、月900円で2.1Gバイトの格安データSIM投入 「モバイルを4本目の事業の柱に」と平井副社長

端末もARROWS M01が投入されラインナップも充実しているので、MNVOの本命になりそうな気がします。

新しくリリースされたということでキャンペーンも盛大にやっているので、実際にどのくらいかかるのかも含めてチェックしておきましょう。

月額料金が安い!

データ通信専用で1,000円以下の金額を提供するサービスはよくありますが、音声通話付きで1,250円は安いです。ただし、このプランだとLTEは使えないので要注意。

LTEを少しは使いたいという人だと2.1GBパックに加入する必要があるので、月額1,600円〜になります。この金額だと他社と同水準なので、後述するキャンペーン特典や楽天ポイント付与以外のメリットはあまり無いのかもしれません。

rakuten_mobile_price

キャンペーンがすごい!

条件をクリアすればという前提条件にはなりますが、月額料金が無料になったり、大量のポイントがもらえたりするので、上手く使わない手はありません。

まず最初に、入会すると初月料金が無料になります。

rakuten_mobile_campaign1

次に、端末購入や楽天でんわの申し込みで貰えるポイント。端末は購入予定の人だけで良いと思いますが、楽天でんわは加入しておいた方が良いでしょう。SIMの電話回線を使うと通話料金が相当高くなってしまうので・・・。

参考:追記あり:【価格破壊】3分以内の通話なら何度使っても0円!楽天でんわの申し込み方法から設定方法までのまとめ

参考;楽天でんわ「3分0円プラン」の提供終了で他アプリやサービスへの移行が進みそう

rakuten_mobile_campaign2

後は、古いスマホのスマホの下取りとデータSIMの申し込みで貰えるポイントです。今回一緒に端末を購入する人は申し込んでおいた方が良さそうです。買い取り金額が実質5,000円高くなるということなので、かなりお得かも。

rakuten_mobile_campaign3

2年間使うとかかる料金

実際に2年間使うとどのくらいかかるのか、ベーシックプラン(1,250円)の場合で計算してみます。

合計金額

  • 初期費用:3,000円
  • 月額費用:1,250円×24ヶ月=30,000円

割引

  • 初月無料:1,250円
  • 楽天でんわ:1,000円
  • エントリー:500円
  • (端末購入/売却:9,000円)

実質月額料金

  • SIMカードのみ契約する場合:1,260円
  • 端末も購入する場合:886円

端末もあわせて買う場合は相当安くなりそう。いずれにしろ、SIMカードのみ契約する場合でも月額1,260円なので、今までキャリアに払っていた金額に比べると大幅に安くなるという点は変わりませんね。

また、楽天カードや楽天銀行といった楽天サービスを普段から使っている人にもメリットがあるサービスだと思います。MNVOの契約に興味がある人であれば、検討してみても良いでしょう。

別の記事に楽天モバイル以外のMVNOサービスについても一覧にまとめているので、こちらもあわせてチェックしてみて下さい。

参考:MVNO業者の提供する通話付きSIMのサービスまとめと料金比較

スポンサーリンク