まだアレグラ買ってるの?花粉症の薬は病院で貰う方が安いですよ

先週あたりから花粉が飛び始めたので、病院に行って飲み薬をもらってきました。花粉症の人には辛い季節ですよね・・・。

皆さん花粉症の薬はどこで手に入れてますか?薬局で買える市販薬だとアレグラFXやアレジオンが有名ではありますが、私個人の意見として、市販薬を買うのはおすすめしません。なぜなら、処方薬に比べると圧倒的に高いからです。

じゃあ、実際にどのくらい高いのかが気になりますよね。今回、市販薬と私が貰った薬の金額を比べてみたので、これから薬を飲もうとしている人は、ぜひ参考にしてください。

「アレグラFX」は高い

以下の画像は久光製薬のホームページから引用したものです。28錠で1,886円ということは、消費税を入れると1ヶ月で約4,000円かかるということになります。病院に行かなくても買えるという気軽さはありますが、ちょっと高いですよね。

aregurafx_hisamitsu

参照元:http://www.hisamitsu.co.jp/healthcare/products/601.html

市販薬を店頭で販売するためには、病院でもらう処方薬と違って経費がたくさんかかります。広告宣伝費、パッケージ費用、ドラッグストアの人件費、などなど。

あくまで商売でやっているわけなので、安くできるといっても限界があります。(個人的には嵐をCMに出すお金があるなら、もう少し安くしてくれればいいのにとは思っちゃいますけど。)

処方薬の価格

先日薬を貰った時にかかった費用がこちら。保険適用なので3割負担となります。普段高い保険料を払っているので、こういう時はきちんと使った方がいいですよね。

まずは診察料が1,050円。

image

次に薬局での支払いです。こちらも3割負担で、合計は1,030円。

image

ちなみに貰った薬はフェキソフェナジンという、ジェネリック版のアレグラにあたる薬です。花粉症の薬に限ると効果に差はあまりないように感じるので、私はいつもジェネリック版を貰うようにしています。ここの病院だと1ヶ月の薬を貰うことができました。

image

これで合計が2,080円。診察料を含んでも市販薬の半額ですむことになります。

保険はきちんと使おう

払っている保険料はこういう時にちゃんと使うべきだと思うんですよね。病院に行くのが面倒だという理由で市販薬を買い続けている人は、保険で賄うことができる分の費用を無駄に払いつづけていることになります。

そろそろ花粉症の症状が出始めてくる頃なので、耳鼻科も混雑し始めてきます。そうなると病院で1時間、2時間も待つことになってしまうので、そうなる前にまとめて薬を貰っておくことをおすすめします。