遺伝子検査は信用できる?「マイコード」を実際に申し込んでみた

▼この記事をシェアする

以前から気になっていた遺伝子検査。先日、DeNAの提供するMYCODE(マイコード) を申し込みしました。個人的にはもっと申し込みをしておけば良かったと思っているのですが、この遺伝子検査はお金以上のメリットがあると思っています。

mycode_top

引用元:https://mycode.jp/benefits.html?int=header_link2

保険よりも予防医療が大切

年間に支払った保険料を改めて確認すると、結構な金額になるわけです。私はライフネット生命を使っていて相場よりは安いのですが、それでも年間に数万円はかかります。

そこで思ったのですが、医療保険は加入する必要ないんじゃないかということ。突然病気が見つかって入院することになった時に、お金が支給されると確かに嬉しいことは嬉しいです。

ただ、あらかじめ病気を防ぐことの方が大切というのが大前提のはずです。なので、医療保険に支払うお金を予防医療(遺伝子検査)に使った方が有意義だと思うのです。今回私が申し込んでみたのも、そういう思いがあったからです。

遺伝子検査でチェックできる内容

遺伝子検査サービス共通で言えることですが、この検査で遺伝的なリスクを知ることができるのです。

mycode_about1

引用元:https://mycode.jp/benefits.html?int=header_link2

私が申し込んだフルパッケージ版のヘルスケアだと、合計で280項目の検査をすることが可能です。種類別だとこのような感じです。

mycode_check_280item

引用元:https://mycode.jp/benefits.html?int=header_link2

一覧の通り、がんや生活習慣病のリスクはかなり詳細までチェックすることが可能です。中には聞いたことのないがんまであるので、ここまで詳しく出てくるのであれば十分でしょう。

mycode_280_cancer

引用元:https://mycode.jp/benefits.html?int=header_link2

実際に検査した人の声

ググってみたところ、色んな人がMYCODEを試してみているようです。いくつか記事を貼ってみるので興味がある方は読んでみて下さい。

【DNA】唾液を送るだけの遺伝子検査『MYCODE』をやってみた! 280項目の検査結果がいろいろスゴイ / 日本人平均よりも私は「ハゲにくい」など

DeNAの遺伝子検査『MYCODE』をやってみた。

DeNAの遺伝子検査「マイコード」をやってみました。

読めば読むほど、早く自分の検査結果をみてみたくなってきますね。採取した唾液を送って検査結果が届くまでの間は約1ヶ月ほどらしいので、その間は気長に待つ必要がありそうです。

検査結果が届いたら、詳細なレポート記事を書いてみますのでお楽しみに。

スポンサーリンク