二十歳になったら子どもへ贈ろう!日記「BABY Diary」が素敵すぎる

こういうコンセプトの商品、大好きです。見ているだけで幸せな気分になりますよね。

babydiary_top

子どもへの想いを綴る20年日記

育児日記は大体子どもが小さい頃しか書きませんよね。日記が習慣になっている人は書き続けているかもしれませんが、それは普通の日記で育児日記ではありません。

この「BABY Diary」は、生まれた子どもが20歳になるまでを記録するための育児日記。親にとって、子どもはいくつになっても子どもであって、愛情の大きさも変わりません。

その愛情がたっぷり詰まった日記を、20歳になった子どもへプレゼントするのです。とても素敵なプレゼントですよね。貰った子どもも嬉しくて一生の宝物にすることは間違いないでしょう。

「思い出ページ」と「記録ページ」の2部構成

この日記は2部構成になっています。まず最初は自由にコメントを書いていくことができる思い出ページです。節目節目で書いて行けば、子どもの成長が時系列でわかりますよね。

また、日記を貰った子どもが「両親は、この時こういう風に思っていたんだ」ということを改めて知ることができるのではないでしょうか。

babydiary_omoidepage

次は記録ページです。これは一年に一度、誕生日に書くページです。身体の成長がわかるように身長・体重を書く欄もあったりします。

もちろん、大人になるにつれて書く内容も変わって来ます。その内容を聞くことで、親が子どものことをより知ることができるきっかけにもなるかもしれませんね。

babydiary_kirokupage

そして・・・、20歳になったらメッセージを添えて、子どもへプレゼントしましょう。

babydiary_20sai

 お金では買えない最高のプレゼント

大人になるにつれて、子どもが親の気持ちをわかるようになってきます。ただ、それはふとした瞬間に思ったりするもので、何かしらの「モノ」から読み取ることはほとんどありません。

このBABY Diaryを使うと、その気持ちを1冊の日記にぎゅっと詰め込むことができるわけです。貰った子どもは当然感動することでしょうし、子育てで悩んだときや辛かったときにこの日記を読み返すことで、きっと心の支えになるはずです。

この日記を完成させるには時間がかかります。完成までに20年間もかかると考えると気が遠くなりそうです。でも、その間に積み重ねてきたものはお金で買うことはできない貴重なものです。我が子に将来贈るプレゼントとして、使ってみてはどうでしょうか。